文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2015 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

2015 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

リマリオ

 ジェベルハッタのレース後のリマリオLimarioです。4番手に付けてレースを進めたものの、3コーナーで前から離されれると、直線を向いて伸びを欠き10着でした。鞍上はパトリック・ドッブスPatrick Dobbs騎手です。

191.JPG

ダーウィン

 ジェベルハッタのレース後のダーウィンDarwinです。後方でレースを進めましたが、直線を向いて伸びはなく、ゴール前では流して最下位の12着でゴールしました。鞍上はポール・ハナガンPaul Hanagan騎手です。

190.JPG

ジェベルハッタ

 8レースに1800m芝のジェベルハッタJebel Hatta (Group 1) が行われました。アナエロビオAnaerobioがスタートダッシュからハナに立つと2馬身離して逃げ、サンショーウェズSanshaawesが2番手、ハンターズライトHunter's Lightが3番手の内に付け、フライングザフラッグFlying The Flag、リマリオLimarioが併走し、2馬身離れてヨハンシュトラウスJohann Strauss、ウェルキンゲトリクスVercingetorixが併走となり、3馬身離れてダーウィンDarwin、ミスターポメロイMr Pommeroy、コーリングアウトCalling Out、エレヴァルElleval、スタート後に下げたトレードストームTrade Stormが最後方という隊列になりました。3コーナーで2番手のサンショーウェズが先頭に並びかけに行くとハンターズライトとは差が開いたものの、直線を向くところでハンターズライトは仕掛けると、残り400mで早々と先頭に立ち、内ラチ沿いに進路を変えると後続をみるみると引き離して優勝しました。勝ちタイムは1:47.97で鞍上はジェームス・ドイルJames Doyle騎手。道中最後方から内を通って進出し、残り200mで前が塞がれて外に持ち出したトレードストームが、ゴール前で僅かに前を交わして6-1/2馬身差の2着に入り、中団の位置取りから伸びたヨハンシュトラウスが短頭差の3着、中団から内を通って直線で伸びると残り200mで一旦は2番手に上がったフライングザフラッグが3/4馬身差の4着、2番手を進んだサンショーウェズがゴール前で粘りを見せて1馬身差の5着、ウェルキンゲトリクスは残り200mで2着争いから脱落して6着でした。

036.JPG

037.JPG

038.JPG

039.JPG

040.JPG

041.JPG

ミスターポメロイ

 ジェベルハッタのパドックでのミスターポメロイMr Pommeroyです。UAE調教の4歳牡馬で通算成績は16戦3勝です。13年6月にフランスでデビューすると、2戦目となる8月のヴィッテルVittel競馬場で初勝利を挙げました。昨年4月にロンシャンLongchamp競馬場で行われたラフォルス賞Prix la Force (Group 3) でゲイロチョップGailo Chopの3着に入ると、続く仏ダービーのジョッキークラブ賞Prix du Jockey Club (Group 1) ではスタート後にハナに立つとレースを引っ張り、残り300mまで粘りを見せてザグレイギャッツビーThe Grey Gatsbyの6着でした。6月末にシャンティイChantilly競馬場で行われたダフニ賞Prix Daphnis (Group 3) でマスターカーペンターMaster Carpenterから1/2、短頭差の3着に入り、7月には独ミュンヘンMunich競馬場で行われる古馬G1のダルマイヤー大賞Grosser Dallmayr-Preis (Group 1) に参戦して、5番手の内を進んだものの直線で伸びを欠いてラッキーライオンLucky Lionの7着でした。9月にはロンシャン競馬場のプリンスドランジュ賞Prix du Prince d'Orange (Group 3) で4着に敗退し、13戦3勝の戦績でUAEに移籍しました。前々走のアルラシディヤAl Rashidiya (Group 2) は2番手の内から直線で先頭に並びかけますが、ゴール前で突き放されてウェルキンゲトリクスVercingetorixに2、2-1/2馬身差の3着となり、前走のドバイミレニアムSDubai Millennium Stakes (Listed) はハンターズライトHunter's Lightの3着でした。鞍上はUAE移籍後からのコンビとなるミカエル・バルザローナMickael Barzalona騎手です。

185.JPG

トレードストーム

 ジェベルハッタの本馬場入場のトレードストームTrade Stormです。イギリスのデヴィッド・シムコックDavid Simcock師の管理する7歳牡馬で通算成績は36戦6勝です。一昨年メイダン競馬場で行われたザビールマイルZabeel Mile (Group 2) を勝利し、ドバイデューティーフリーDubai Duty Free (Group 1) はサッジャーSajjhaaの4着でした。その後、ロイヤルアスコットのクイーンアンSQueen Anne Stakes (Group 1) はデクラレーションオブウォーDeclaration of Warの5着、サセックスSSussex Stakes (Group 1) はトロナドToronadoの4着、加ウッドバインWoodbine競馬場のウッドバインマイルWoodbine Mile (Grade 1) でワイズダンWise Danの3着などの戦績があり、昨年はジェベルハッタJebel Hatta (Group 1) でウェルキンゲトリクスVercingetorixの4着に入ったものの、ドバイデューティーフリーはジャスタウェイJust A Wayの12着に終わりました。 9月には再びウッドバインマイルに参戦すると、後方3番手から直線で内を通って抜け出してカイグンKaigunに1/2馬身差で優勝し、米サンタアニタSanta anita競馬場のBCマイルBreeders' Cup Mile (Grade 1) に転戦して後方から直線で馬群の中を伸びるとカラコンティーKarakontieに1、1馬身差の3着に入りました。前走は香港マイルHong Kong Mile (Group 1) に出走し、後方からゴール前でやや伸びてエイブルフレンドAble Friendの7着となっています。鞍上は同馬に初騎乗となるアンドレア・アッゼニAndrea Atzeni騎手です。

189.JPG

エレヴァル

 ジェベルハッタの本馬場入場でのエレヴァルEllevalです。アイルランドのデイヴィッド・マーネンDavid Marnane師の管理する5歳騸馬で通算成績は28戦3勝です。12年にアイルランドでデビューし、オフシーズンのドバイ参戦は3年目となります。13年のUAEダービーUAE Derby (Group 2) ではヘレンスーパースターHelene Super Starに1-1/2馬身差の2着に入りました。昨年はゴドルフィンマイルGodolphin Mile (Group 2) に出走してヴァライエティクラブVariety Clubの7着でした。その後レパーズタウンLeopardstown競馬場のエンタープライズSEnterprise Stakes (Group 3) でフリーイーグルFree Eagleに7馬身差の2着などの重賞戦績はありますが、これまで重賞勝ちはありません。今年はメイダンで既に4戦しており、前走は条件戦で3着でした。鞍上は同馬に初騎乗となるリチャード・ヒューズRichard Hughes騎手です。

184.JPG

リマリオ

 ジェベルハッタのパドックでのリマリオLimarioです。UAE調教の5歳牡馬で通算成績は16戦5勝です。ドイツでデビューし、12年10月にデュッセルドルフDusseldorf競馬場の2歳重賞ヴィンターファヴォリテン賞Preis des Winterfavoriten (Group 3) 、13年8月にハノーファーHanover競馬場の3歳重賞ハノーファー大賞Grosser Preis des Hannover (Group 3) を優勝し、8戦2勝の戦績でUAEに移籍しました。昨年のアルマクトゥームチャレンジ ラウンド3Al Maktoum Challenge R3 (Group 1) はプリンスビショップPrince Bishopの9着、ゴドルフィンマイルGodolphin Mile (Group 2) は先行グループの外につけると直線でしぶとく伸びてヴァライエティクラブVariety Clubの6着に入りました。その後、シンガポール航空インターナショナルカップSingapore Airlines International Cup (Group 1) に転戦し、4番手の外を進んだものの直線で伸びずダンエクセルDan Excelの8着、9月にチェコのヴェルカーフフレVelka chuchle競馬場での芝レースを勝利し、10月には仏ロンシャンLongchamp競馬場のダニエルウィルデンシュタイン賞Daniel Wildenstein (Group 2) に出走しソローSolowの10着でした。今年はメイダンの条件戦を2戦しており、前々走はダートで6着、前走は芝で勝利しました。鞍上は主戦のパトリック・ドッブスPatrick Dobbs騎手です。

188.JPG

コーリングアウト

 ジェベルハッタのパドックでのコーリングアウトCalling Outです。イギリスのデヴィッド・シムコックDavid Simcock師の管理する4歳牡馬で通算成績は11戦2勝です。フランスでデビューし、昨年シャンティイChantilly競馬場で行われたジャンプラ賞Prix Jean Prat (Group 1) でチャームスピリットCharm Spirit の6着など、10戦2勝の戦績で転厩しドバイに来ました。前走はドバイミレニアムSDubai Millennium Stakes (Listed) でハンターズライトHunter's Lightの7着でした。鞍上は前走に続きジム・クロウリーJim Crowley騎手が騎乗します。

187.JPG

ダーウィン

 ジェベルハッタのパドックでのダーウィンDarwinです。南アフリカのマイク・デコックMike de Kock師の管理する5歳牡馬で通算成績は14戦4勝です。アメリカで12年10月にデビューし、2戦1勝の戦績でアイルランドのエイダン・オブライエンAidan O'Brien厩舎に移籍します。13年7月にカラCurragh競馬場のミンストレルSMinstrel Stakes (Group 3) でゴードンロードバイロンGordon Lord Byronに1-3/4馬身差を付けて優勝したものの、その後のG3で2連敗すると、ロイヤルアスコットのダイヤモンドジュビリーSDiamond Jubilee Stakes (Group 1) では中団のままスレイドパワーSlade Powerの10着に終わりました。7月のG3で2着となって駒を進めた英グッドウッドGoodwood競馬場のサセックスSSussex Stakes (Group 1) ではゴール前で差されてキングマンKingmanに1馬身、アタマ差の3着に敗れ、9月のG2で7着の後に出走した仏ロンシャンLongchamp競馬場のフォレ賞Prix de la Foret (Group 1) では、中団馬群の内を進んだもののゴール前で失速してオリンピックグローリーOlympic Gloryの13着に終わりました。その後UAEに移籍して2戦しており、前々走のファイアブレイクSFirebreak Stakes (Group 3) は7着、前走のザビールマイルZabeel Mile (Group 2) は後方の位置取りから直線残り300mで外に出して伸びを見せたものの、ゴール前で脚色が鈍りセーフティチェックSafety Checkの4着でした。鞍上は同馬に初騎乗となるポール・ハナガンPaul Hanagan騎手です。

186.JPG

ジェームス・ドイル騎手

 アルマクトゥームチャレンジ ラウンド3の表彰式でのジェームス・ドイルJames Doyle騎手です。ドバイシティオブゴールドに続いて2レース連続での表彰となりました。

183.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2015 レース概要

バックナンバー

その他のレース