文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2015 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

2015 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

ビューティーオンリー

 香港カップの本馬場入場のビューティーオンリーBeauty Onlyです。香港アンソニー・クルーズAnthony Cruz師の管理する4歳騸馬で通算成績は17戦7勝です。13年6月にイタリアでジェントルマンオンリーGentleman Onlyの名前でデビューし、11月にカパネッレCapannelle競馬場で行われた2歳重賞のグイドベラルデリ賞Premio Guido Berardelli (Group 3) を4馬身差で優勝し、4戦3勝の戦績で香港に移籍しました。移籍後4戦2勝の戦績で出走した今年1月の香港クラシックマイルHong Kong Classic Mile (L Group 1) は後方3番手の位置取りから直線大外を差し切ってディヴァインコーリングDivine Callingに2-1/4馬身差を付けて優勝しました。続く香港クラシックカップHong Kong Classic Cup (L Group 1) は中団の位置取りでレースを進めたものの直線で伸びを欠いてサンダーファンタジーThunder Fantasyの4着、香港ダービーHong Kong Derby (L Group 1) では中団馬群の中でレースを進めたものの直線で鋭い伸びはなくルガーLugerの6着でした。一般戦を4戦1勝とした後、10月のシャティントロフィーSha Tin Trophy (L Group 2) ではコンテントメントContentmentの2着、前走はジョッキークラブカップJockey Club Cup (Group 2) に出走し、後方の位置取りからゴール前で伸びを見せてミリタリーアタックMilitary Attackにアタマ、1/2馬身差の3着でした。鞍上は前走からのコンビとなるジェラルド・モッセ Gerald Mosse騎手です。

HK-133.jpg

サトノアラジン

 香港カップの本馬場入場のサトノアラジンSatono Aladdinです。鞍上はジェームズ・マクドナルドJames McDonald騎手です。

HK-98.jpg

ステファノス

 香港カップの本馬場入場のステファノスStaphanosです。鞍上は戸崎圭太Keita Tosaki騎手です。

HK-99.jpg

HK-100.jpg

ダンエクセル

 香港カップの本馬場入場でのダンエクセルDan Excelです。香港ジョン・ムーアJohn Moore師の管理する7歳騸馬で、通算成績は44戦7勝です。10年6月にアイルランドでダンボインエクスプレスDunboyne Expressの名でデビューし、レーシングポストトロフィーRacing Post Trophy (Group 1) はカサメントCasamentoの5着、翌年の愛2000ギニーIrish 2,000 Guineas (Group 1) はロデリックオコンナーRoderic O'Connorの5着、愛ダービーIrish Derby (Group 1) はトレジャービーチTreasure Beachの5着、愛チャンピオンSIrish Champion Stakes (Group 1) でソーユーシンクSo You Thinkの4着など、10戦3勝の戦績で香港に移籍しました。13年5月のチャンピオンズマイルChampions Mile (Group 1) で3番手の内から逃げたヘレンスピリットHelene Spiritをゴール前で短頭差競り落として優勝し、続くシンガポール航空インターナショナルカップSingapore Airlines International Cup (Group 1) ではミリタリーアタックMilitary Attackに3-1/4馬身差の2着でした。秋のジョッキークラブマイルJockey Club Mile (Group 2) はゴールドファンGold-Funの5着、香港マイルHong Kong Mile (Group 1) はグロリアスデイズGlorious Daysの8着、14年に入ってもチャンピオンズマイルでヴァライエティクラブ Variety Clubに4、1-1/4馬身差の3着など勝利はありませんでしたが、2年連続参戦となったシンガポール航空インターナショナルカップでは3番手の内から直線半ばで先頭に立つと追い込んだスモーキングサンSmoking Sunを寄せ付けず1-3/4馬身差で優勝しました。その後休養に入り、今年2月に復帰したものの5月のチャンピオンズマイルでエイブルフレンドAble Friendに1-1/4馬身、クビ差の3着など4戦して勝利はありませんでしたが、3年連続参戦となったシンガポール航空インターナショナルカップでは逃げてゴール前でミリタリーアタックを1/2馬身差で退けて連覇を達成しました。今シーズンは3戦していますが勝利はなく、前走のジョッキークラブマイルは4番手を進んだものの直線で一杯となりビューティーフレームBeauty Flameの7着でした。鞍上はシンガポールで2度の優勝に導いているトミー・ベリーTommy Berry騎手です。

HK-132.jpg

ミリタリーアタック

 香港カップの本馬場入場のミリタリーアタックMilitary Attackです。香港調教の7歳騸馬で通算成績は38戦13勝です。11年5月にイギリスでデビューし、6戦3勝の戦績で香港に移籍しました。13年のクイーンエリザベス2世カップQEII Cup (Group 1) でカリフォルニアメモリーCalifornia Memoryに1-3/4馬身差を付けて優勝し、続くシンガポール航空インターナショナルカップSingapore Airlines International Cup (Group 1) でもダンエクセルDan Excelに3-1/4馬身差を付けG1を連勝しました。香港カップHong Kong Cup (Group 1) では後方2番手から直線で馬群の間を伸びたもののアキードモフィードAkeed Mofeedの4着に終わっています。昨年は香港ゴールドカップHong Kong Gold Cup (L Group 1) を勝利してドバイワールドカップDubai World Cup (Group 1) に挑んだもののアフリカンストーリーAfrican Storyの10着に敗退し、クイーンエリザベス2世カップはデザインズオンロームDesigns on Romeにクビ差の2着、シンガポール航空インターナショナルカップはダンエクセルに1-3/4、1-1/2馬身差の3着、その後キャスパー・ファウンズCaspar Fownes厩舎に転厩してのジョッキークラブカップJockey Club Cup (Group 2) はブレイジングスピードBlazing Speedにアタマ差の2着、香港カップでもデザインズオンロームに短頭差の2着と大レースでの惜敗が続きました。今年は香港ゴールドカップHong Kong Gold Cup (Group 1) でデザインズオンロームの4着、クイーンエリザベス2世カップではブレイジングスピードの7着に敗退し、3年連続での出走となったシンガポール航空インターナショナルカップでは3番手の内から直線で馬群の間を伸びたものの逃げたダンエクセルに1/2馬身差の2着でした。今シーズン初戦のシャティントロフィーSha Tin Trophy (L Group 2) で3着となると、前走のジョッキークラブカップでは、5番手の内から直線で馬群の間を伸びるとブレイジングスピードを内からアタマ差交わして優勝し、これが1年1ヶ月ぶりの勝利となりました。鞍上は主戦のザカリー・パートンZac Purton騎手です。

HK-131.jpg

クライテリオン

 香港カップの本馬場入場のクライテリオンCriterionです。鞍上はクレイグ・ウィリアムズCraig Williams騎手です。

HK-130.jpg

ブレイジングスピード

 香港カップの本馬場入場でのブレイジングスピードBlazing Speedです。香港アンソニー・クルーズAnthony Cruz師の管理する6歳騸馬で通算成績は34戦9勝です。11年10月に英ヤーマスYarmouth競馬場でデビューし、4戦2勝の戦績で香港に移籍しました。移籍後13戦3勝として出走した13年香港カップHong Kong Cup (Group 1) ではアキードモフィードAkeed Mofeedの6着、14年1月にスチュワーズカップStewards' Cup (L Group 1) でダンエクセルDan Excelに短頭差で重賞初優勝すると、3月にはドバイデューティーフリーDubai Duty Free (Group 1) に参戦してジャスタウェイJust A Wayの10着に終わっています。4月のチャンピオンズマイルChampions Mile (Group 1) はヴァライエティクラブVariety Clubの6着、5月のチャンピオンズ&チャターカップChampions & Chater Cup (L Group 1) で重賞2勝目としました。14年秋は2戦未勝利で出走したジョッキークラブカップJockey Club Cup (Group 2) では中団外の位置取りからゴール前でミリタリーアタックMilitary Attackをアタマ差交わして優勝し、続く香港カップは大外枠から先行争いに加わって直線で一杯となりデザインズオンロームDesigns on Romeの12着でした。今年は7戦1勝で4月のクイーンエリザベス2世カップQEII Cup (Group 1) でステファノスStaphanosに2馬身差で優勝しており、前走のジョッキークラブカップでは4番手の位置取りから残り300mで先頭に立ったものの、残り100mで内からミリタリーアタックに交わされて食い下がったもののアタマ差の2着でした。鞍上は主戦のニール・カランNeil Callan騎手です。

HK-129.jpg

フリーイーグル

 香港カップの本馬場入場のフリーイーグルFree Eagleです。アイルランド調教の4歳牡馬で通算成績は7戦3勝です。昨年9月にレパーズタウンLeopardstown競馬場のエンタープライズSEnterprise Stakes (Group 3) で、故障のため1年の休養明けながら7馬身差を付けて勝利すると、英チャンピオンSChampion Stakes (Group 1) に挑み、中団内の位置取りから直線で前に迫るもののノーブルミッションNoble Missionにクビ、1-1/4馬身差の3着でした。今年はロイヤルアスコットのプリンスオブウェールズSPrince of Wales's Stakes (Group 1) でザグレイギャッツビーThe Grey Gatsbyに短頭で優勝し、愛チャンピオンSIrish Champion Stakes (Group 1) はゴールデンホーンGolden Hornに1、1/2馬身差の3着。前走は凱旋門賞Prix de l'Arc de Triomphe (Group 1) に出走し、中団外の位置取りから直線で伸びを見せたものの残り150mで不利がありゴールデンホーンの6着でした。鞍上はデビュー戦からのコンビとなるパット・スマレンPat Smullen騎手です。

HK-128.jpg

デザインズオンローム

 香港カップの本馬場入場のデザインズオンロームDesigns on Romeです。香港のジョン・ムーアJohn Moore師の管理する5歳騸馬で通算成績は23戦9勝です。12年5月にアイルランドでデビューし、5戦1勝の戦績で香港に移籍しました。昨年、香港クラシックカップHong Kong Classic Cup (L Group 1) 、香港ダービーHong Kong Derby (L Group 1) の2冠を制して挑んだクイーンエリザベス2世カップQEII Cup (Group 1) では、後方3番手の位置取りから直線で鋭く伸びると、ゴール前でミリタリーアタックMilitary Attackをクビ差競り落として優勝しました。昨年秋のジョッキークラブカップJockey Club Cup (Group 2) はブレイジングスピードBlazing Speedの5着に終わったものの、香港カップHong Kong Cup (Group 1) では後方2番手から直線大外を鋭く伸び、ゴール前でミリタリーアタックを単頭差交わし、大一番での勝負強さを見せつけました。続く香港ゴールドカップHong Kong Gold Cup (Group 1) もヘレンスーパースターHelene Super Starに1-1/4馬身差で勝利すると、ドバイシーマクラシックDubai Sheema Classic (Group 1) に参戦し、道中最後方から直線大外に持ち出して伸びたもののドルニヤDolniyaの4着でした。4月のクイーンエリザベス2世カップはブレイジングスピードの4着止まりで7ヶ月休養し、前走はジョッキークラブマイルJockey Club Mile (Group 2) に出走し、最後方から直線で伸びを欠いてビューティーフレームBeauty Flameの6着でした。鞍上は昨年優勝に導いたジョアン・モレイラJoao Moreira騎手です。

HK-127.jpg

香港マイル表彰式

 香港マイルの表彰式での記念撮影です。

HK-93.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2015 レース概要

バックナンバー

その他のレース