文字サイズ

文字サイズとは?



2016 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

ドバイシーマクラシック

 8レースに2410m芝のドバイシーマクラシックDubai Sheema Classic (Group 1) が行なわれました。好スタートを切ったハイランドリールHighland Reelがハナに立つと4馬身のリードを取り、ワンアンドオンリーOne and Onlyが2番手、3番手の外にゲーロショップGailo Chop、シェイクザイードロードSheikhzayedroad、ポストポンドPostponed、ラストインパクトLast Impactと続き、ドゥラメンテDuramenteは後方3番手の外、ザブルーアイThe Blue Eye、最後方にダリヤンDariyanとなりました。3コーナーでゲーロショップが逃げるハイランドリールに並びかけ、ポストポンドも3番手の外まで上がると、ドゥラメンテはその後ろに付け、ラストインパクトは内を通って直線を向きました。前の2頭をポストポンドが残り400mで交わして先頭に立つと、ドゥラメンテはポストポンドの内に進路を取って2番手に上がり前を追いましたが、最後まで差は詰まらずポストポンドが優勝しました。勝ちタイムは2:26.97で鞍上はアンドレア・アッゼニAndrea Atzeni騎手、2馬身差の2着にドゥラメンテ、直線で馬群の間を伸びたラストインパクトが1-1/2馬身差の3着に入り、粘ったハイランドリールが3/4馬身差の4着、ワンアンドオンリーは最内でゴール前しぶとく差し返して1馬身差の5着でした。

DXB-74.jpg

DXB-75.jpg

DXB-76.jpg

DXB-77.jpg

DXB-78.jpg

DXB-79.jpg

DXB-80.jpg

DXB-81.jpg

DXB-82.jpg

DXB-83.jpg

DXB-84.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2016 レース概要

バックナンバー

その他のレース