文字サイズ

文字サイズとは?



2016 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

ドバイゴールデンシャヒーン

 6レースに1200mダートのドバイゴールデンシャヒーンDubai Golden Shaheen (Group 1) が行なわれました。スタートダッシュを決めてエックスワイジェットX Y Jetがハナに立ち、2番手の内にマスターコーチャンウォンMaster Kochanwong、外にムアーラブMuarrab、その後ろにスーパージョッキーSuper Jockey、リッチタペストリーRich Tapestry、モラウィジMorawij、 ドミニアーDomineer、レイナルドジウィザードReynaldothewizardと一団で続き、やや離れてコンフロンテーションConfrontation、最後方からキファーKifaahとなりました。3コーナーで最内を通ってリッチタペストリーが先頭に並びかけるとマスターコーチャンウォンは一杯となり、前3頭が後続を4馬身離して直線を向きました。逃げるエックスワイジェットに外からムアーラブが並びかけて、残り300mでリッチタペストリーが脱落すると2頭の馬体を併せての激しい叩き合いとなり、残り100mまでは僅かにエックスワイジェットが優勢でしたが、ゴール前でムアーラブが交わして優勝しました。勝ちタイムは1:10.59で鞍上はポール・ハナガンPaul Hanagan騎手、エックスワイジェットはクビ差の2着、後方外の位置取りから伸びたモラウィジが3-3/4馬身差の3着に上がり、3コーナーで前から離されたレイナルドジウィザードが内を通って鋭く伸びて1-3/4馬身差の4着に上がり、スーパージョッキーは好位を進んだものの直線で鋭い伸びはなく3/4馬身差の5着でした。

DXB-85.jpg

DXB-86.jpg

DXB-87.jpg

DXB-88.jpg

DXB-89.jpg

DXB-90.jpg

DXB-91.jpg

DXB-92.jpg

DXB-93.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2016 レース概要

バックナンバー

その他のレース