文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2016 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

2016 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

ポストポンド

 ドバイシーマクラシックを優勝したポストポンドPostponedです。5番手の外でレースを進め、3コーナーで3番手に上がると直線残り400mで先頭に立ち、残り200mでドゥラメンテの進路を塞ぐように内に寄せてさらに引き離し優勝しました。勝ちタイムの2:26.97は、ジェンティルドンナの持つコースレコードを0.3秒ほど上回り、鞍上のアンドレア・アッゼニAndrea Atzeni騎手はドバイミーティング初勝利となりました。

DXB-219.jpg

DXB-220.jpg

DXB-221.jpg

DXB-222.jpg

DXB-223.jpg

DXB-224.jpg

DXB-225.jpg

DXB-226.jpg

DXB-227.jpg

DXB-232.jpg

ドゥラメンテ

 ドバイシーマクラシックのレース後のドゥラメンテDuramenteです。7番手外の位置取りでレースを進め、3コーナーで中団まで押し上げるとポストポンドの後ろに付いて直線を向き、残り300mで内に入るとポストポンドに並びかけにいきましたが、ゴール前で逆に離されて2着に終わりました。残り300mで射程圏に入れながら、並びかける脚すら使えずじまいで、落鉄の不運が悔やまれる一戦となってしまいました。鞍上はミルコ・デムーロMirco Demuro騎手です。

DXB-216.jpg

DXB-217.jpg

DXB-218.jpg

ワンアンドオンリー

 ドバイシーマクラシックのレース後のワンアンドオンリーOne and Onlyです。前から離れた2番手でレースを進め、3コーナーで3番手の内となると直線を向いて大きく位置取りを下げましたが、最内を通って残り300mから盛り返し5着でゴールしました。鞍上は武豊Yutaka Take騎手です。

DXB-214.jpg

DXB-215.jpg

ラストインパクト

 ドバイシーマクラシックのレース後のラストインパクトLast Impactです。道中は6番手の位置取りでレースを進め、3コーナーで下げると4コーナーでは後方2番手となり、直線で馬群の間を突いて伸びたものの、下がってくるハイランドリールに勢いをそがれて3着でゴールしました。鞍上はジョアン・モレイラJoao Moreira騎手です。

DXB-213.jpg

ドバイシーマクラシック

 8レースに2410m芝のドバイシーマクラシックDubai Sheema Classic (Group 1) が行なわれました。好スタートを切ったハイランドリールHighland Reelがハナに立つと4馬身のリードを取り、ワンアンドオンリーOne and Onlyが2番手、3番手の外にゲーロショップGailo Chop、シェイクザイードロードSheikhzayedroad、ポストポンドPostponed、ラストインパクトLast Impactと続き、ドゥラメンテDuramenteは後方3番手の外、ザブルーアイThe Blue Eye、最後方にダリヤンDariyanとなりました。3コーナーでゲーロショップが逃げるハイランドリールに並びかけ、ポストポンドも3番手の外まで上がると、ドゥラメンテはその後ろに付け、ラストインパクトは内を通って直線を向きました。前の2頭をポストポンドが残り400mで交わして先頭に立つと、ドゥラメンテはポストポンドの内に進路を取って2番手に上がり前を追いましたが、最後まで差は詰まらずポストポンドが優勝しました。勝ちタイムは2:26.97で鞍上はアンドレア・アッゼニAndrea Atzeni騎手、2馬身差の2着にドゥラメンテ、直線で馬群の間を伸びたラストインパクトが1-1/2馬身差の3着に入り、粘ったハイランドリールが3/4馬身差の4着、ワンアンドオンリーは最内でゴール前しぶとく差し返して1馬身差の5着でした。

DXB-74.jpg

DXB-75.jpg

DXB-76.jpg

DXB-77.jpg

DXB-78.jpg

DXB-79.jpg

DXB-80.jpg

DXB-81.jpg

DXB-82.jpg

DXB-83.jpg

DXB-84.jpg

【速報版】8レース・ドバイシーマクラシック(G1 芝2410m)

8レース Dubai Sheema Classic(ドバイシーマクラシックG1 芝2410m)
ラストインパクト・モレイラ騎手、ドゥラメンテ・デムーロ騎手、ワンアンドオンリー・武豊騎手が出走。
アッゼニ騎手騎乗のポストポンドが優勝!
ドゥラメンテは2着、ラストインパクトは3着、ワンアンドオンリーは5着でした。
SOS_7205.JPG
SOS_7184.JPG
SOS_7225.JPG
SOS_7433.JPG
SOS_7455.JPG
SOS_7465.JPG
SOS_7599.JPG
SOS_7527.JPG
SOS_7568.JPG
IMG_8484.JPG

ポストポンド

 ドバイシーマクラシックの輪乗り中のポストポンドPostponedです。鞍上はアンドレア・アッゼニAndrea Atzeni騎手です。

DXB-140.jpg

ワンアンドオンリー

 ドバイシーマクラシックの輪乗り中のワンアンドオンリーOne and Onlyです。鞍上は武豊 Yutaka Take騎手です。

DXB-141.jpg

DXB-142.jpg

ドゥラメンテ

 ドバイシーマクラシックの本馬場入場のドゥラメンテDuramenteです。鞍上はミルコ・デムーロMirco Demuro騎手です。

DXB-123.jpg

DXB-124.jpg

DXB-125.jpg

DXB-126.jpg

DXB-127.jpg

DXB-128.jpg

DXB-129.jpg

ここで右前脚を落鉄します

DXB-134.jpg

DXB-135.jpg

DXB-136.jpg

DXB-137.jpg

DXB-138.jpg

DXB-139.jpg

DXB-130.jpg

DXB-131.jpg

再装着のため構内に引き入れます

DXB-132.jpg

再装着を断念し、落鉄したままの出走となりました

DXB-133.jpg

ラストインパクト

 ドバイシーマクラシックの本馬場入場、返し馬、輪乗り中のラストインパクトLast Impactです。鞍上はジョアン・モレイラJoao Moreira騎手です。

DXB-120.jpg

DXB-121.jpg

DXB-122.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2016 レース概要

バックナンバー

その他のレース