文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2016 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

2016 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

ネオブラックダイヤ関係者

 ドバイゴールドカップのパドックでのネオブラックダイヤNeo Black Dia関係者です。

DXB-185.jpg

秋山真一郎騎手

 ドバイゴールドカップのパドックでの秋山真一郎Shinichiro Akiyama騎手です。

DXB-143.jpg

ゴドルフィンマイル

 2レースに1600mダートのゴドルフィンマイルGodolphin Mile (Group 2) がルベルナルダンLe Bernardin取消しの9頭立てで行なわれました。ワンマンバンドOne Man Bandがハナに立ち、クールカウボーイCool Cowboyが2番手、内にマーキングMarking、その後ろにマフツールMaftool、ゴールドシティGold City、プレイヤーフォーリリーフPrayer for Reliefが併走し、内に フォークナーFaulkner、後方からゴッズスピードGod's Speed、 スローンアヴェニューSloane Avenueという隊列になりました。3コーナーでワンマンバンドが後続を引き離しにかかると、2番手のクールカウボーイは付いていったものの、3番手以降は5馬身離されて直線へ。ワンマンバンドが突き放すと独走に入り、4コーナーで3番手に上がったフォークナーが直線で追い上げたものの、ワンマンバンドがセフティーリードで逃げ切りました。勝ちタイムは1:35.21で鞍上はサム・ヒッチコットSam Hitchcott騎手、ゴール前で鋭く伸びたフォークナーが4-3/4馬身差の2着に上がり、2番手で粘っていたクールカウボーイはハナ差交わされの3着、4-1/2馬身差の4着にマーキングが入りました。

DXB-106.jpg

DXB-107.jpg

DXB-108.jpg

DXB-109.jpg

DXB-110.jpg

DXB-111.jpg

【速報版】2レース・ゴドルフィンマイル(G2 ダート1600m)

2レース Godolphin Mile(ゴドルフィンマイルG2 ダート1600m)
ONE MAN BANDが直線に向くと後続を引き離して完勝
騎手はSam Hitchcott
SOS_4779.JPG
SOS_4807.JPG
SOS_4820.JPG
IMG_7302.JPG
IMG_7389.JPG

ドバイカハイラクラシック

 1レースは純血アラブの2000mダート戦、ドバイカハイラクラシックDubai Kahayla Classic (Group 1 PA) が行なわれました。スタート後にハナに立ったサーキフThakifが3コーナーで後続を引き離し、直線を向いて逃げ切り目前だったものの残り150mで大きく外に逸走して失速し、2番手を進んでいたサンダーストラックTM Thunder Struckをゴール前でマスムーンAF Mathmoonが差し切って優勝しました。勝ちタイムは2:15.45で鞍上はデイン・オニールDane O'Neill騎手、クビ差の2着にサンダーストラック、1-1/4馬身差の3着にサーキフでした。

DXB-112.jpg

DXB-113.jpg

DXB-114.jpg

DXB-115.jpg

DXB-116.jpg

DXB-117.jpg

DXB-118.jpg

【速報版】1レース・ドバイカハイラクラシック(G1 ダート2000m)

1レース Dubai Kahayla Classic(ドバイカハイラクラシックG1 ダート2000m)
ぶっちぎりの先頭で走ってきたTHAKIFが直線で大きく外によれて失速...
勝ったのはAF MATHMOON
騎手D.オニール

SOS_4618.JPG
SOS_4664.JPG
SOS_4679.JPG
SOS_4743.JPG
IMG_7201.JPG
IMG_7241.JPG

ドバイワールドカップデー

レース当日のメイダン競馬場。
この日を待ちわびたお客さんが続々と来場!
それぞれの楽しみ方でレースまでの時間を楽しんでおられます。
SOS_4354.JPG
SOS_4471.JPG
SOS_4476.JPG
SOS_4428.JPG
IMG_6980.JPG
SOS_4399.JPG
SOS_4413.JPG
SOS_4393.JPG
IMG_6995.JPG

プログラム

 プログラムが配布されました。日本からもぜひ応援して下さい。

DXB-36.jpg

DXB-37.jpg

ゲーロショップ

 25日朝の調教中のゲーロショップGailo Chopです。フランス調教の5歳騸馬で通算成績は15戦8勝、ドバイシーマクラシックに出走します。3歳G3を連勝し、14年7月に米ベルモントパークBelmont park競馬場のベルモントダービーインビテーショナルSBelmont Derby Invitational Stakes (Grade 1) に参戦し、中団を進んだものの直線で伸びを欠いてミスタースピーカーMr Speakerの4着でした。8月にはドーヴィルDeauville競馬場のギヨームドルナーノ賞Prix Guillaume d'Ornano (Group 2) でフリーポートラックスFree Port Luxに3-1/2馬身差を付けて優勝しています。昨年はイスパーン賞Prix d'Ispahan (Group 1) でソロウSolowに1-1/2馬身差の2着、ロイヤルアスコットのプリンスオブウェールズSPrince of Wales's Stakes (Group 1) はフリーイーグルFree Eagleの8着、9月にG3を勝利すると豪州へ遠征し、コックスプレートCox Plate (Group 1) は中団馬群から直線で伸びずウィンクスWinxの8着、10月にフレミントンFlemington競馬場で行われたマッキノンSMackinnon Stakes (Group 1) では、スタート後に先行グループに付けると3コーナー手前でハナに立ち、直線半ばで交わされたものの差し返してライジングロマンスRising Romanceに1/2馬身差を付けてG1初勝利としました。前走はシャンティイChantilly競馬場のAWコースの一般戦で3着でした。レースでは前走からのコンビとなるティエリ・ジャルネThierry Jarnet騎手が騎乗します。

DXB-34.jpg

DXB-35.jpg

ムスミール

 25日朝の調教中のムスミールMuthmirです。イギリス調教の6歳騸馬で通算成績は16戦5勝、アルクオーツスプリントに出走します。昨年5月に仏シャンティイChantilly競馬場で行われたグロシェーヌ賞Prix du Gros-Chene (Group 2) を短頭差で勝利すると、続くロイヤルアスコットのキングズスタンドSKing's Stand Stakes (Group 1) ではゴールドリームGoldreamに短頭、クビ差の3着に入りました。ジュライカップJuly Cup (Group 1) はムハラーMuhaararの9着に敗れたものの、グッドウッドGoodwood競馬場のキングジョージSKing George Stakes (Group 2) をアタマ差で勝利すると、ナンソープSNunthorpe Stakes (Group 1) はメッカズエンジェルMecca's Angelの6着、アベイユドロンシャン賞Prix de l'Abbaye de Longchamp (Group 1) は残り300mで先頭に立つ場面があったものの、ゴール前で伸びを欠いてゴールドリームに短首、1-3/4馬身差の3着でした。前走は今年2月にリングフィールドLingfield競馬場でのリステッド競走で3着となっています。レースではデイン・オニールDane O'Neill騎手が騎乗します。

DXB-32.jpg

DXB-33.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2016 レース概要

バックナンバー

その他のレース