文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2016 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

2016 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

オペラ賞

 3レースは牝馬2000m芝のオペラ賞Prix de l'Opera (Group 1) が行なわれました。大外枠から出たジェマイエルJemayelがハナに立ち、プレースコックPleascachが外から並びかけながらの2番手に付け、3番手の外にスピーディボーディングSpeedy Boarding、内にソミダーSo Mi Dar、その後ろにシーフロントSea Front、パゲラPagella、ロイヤルソリティアRoyal Solitaireと続きました。コーナーの入り口でプレースコックが一気に先頭を奪うと3馬身のリードを取って直線へ。残り400mで外からスピーディボーディングがプレースコックに並びかけると2頭の競り合いとなり、一進一退の攻防からゴール前で外のスピーディボーディングが僅かに出て優勝しました。勝ちタイムは2:02.03で鞍上はフレデリック・ティリキFrederik Tylicki騎手。短頭差の2着にプレースコック、直線で最内を通って3番手に上がると残り200mで外に出して前の2頭に迫ったソミダーが1/2馬身差の3着、3-1/2馬身差の4着にジェマイエルでした。

arc-31.jpg

arc-32.jpg

arc-33.jpg

arc-34.jpg

arc-35.jpg

【速報版】3R PRIX DE L'OPERA オペラ賞(芝2000m G1)

牝馬の2000m戦のオペラ賞は3頭の激しいゴール争いを制したスピィーディーボーディングが優勝
騎手はF.Tylicki
SOS_6270.JPG
SOS_6293.JPG
SOS_6313.JPG
SO_S6243.JPG
IMG_6922.JPG
IMG_6943.JPG
IMG_6982.JPG
IMG_7000.JPG
IMG_7040.JPG

ジャンリュックラガルデール賞

 2レースに2歳1600m芝のジャンリュックラガルデール賞Prix Jean-Luc Lagardere (Grand Criterium) (Group 1) が行なわれました。内枠からナショナルディフェンスNational Defenseがハナに立ち、ホワイトクリフスオブドーヴァーWhitecliffsofdoverが2番手、3番手の内にサルウィンSalouen、外にユタUtahが付け、その後ろにキングオブスペーズKing of Spades、タイスThais、コントラスタットKontrastatと続きました。直線を向いて2番手のホワイトクリフスオブドーヴァーが先頭のナショナルディフェンスに並びかけに行きますが、持ったままだったナショナルディフェンスが残り300mで仕掛けると後続を突き放し、リードを保ったまま優勝しました。勝ちタイムは1:35.53で鞍上はピエールシャルル・ブドーPierre-Charles Boudot騎手。3番手の内を進んだサルウィンが残り400mで外に出すと残り50mで2番手に上がって4-1/2馬身差の2着、ナショナルディフェンスに突き放されて脚色の鈍ったホワイトクリフスオブドーヴァーはサルウィンに交わされると盛り返す脚を見せて短首差の3着、最後方の位置取りから内を通って差を詰めると残り350mで外に持ち出したコントラスタットが2馬身差の4着でした。

arc-24.jpg

arc-25.jpg

arc-26.jpg

arc-27.jpg

arc-28.jpg

arc-30.jpg

arc-29.jpg

【速報版】2R PRIX JEAN-LUC LAGARERE(GRAND CRITERIUM) ジャンリュック・ラガルデール賞(芝1600m G1)

マイル戦のジャンリュック・ラガルデール賞(芝1600m G1)
PC.ブドー騎乗のナショナルデフェンスが優勝
SOS_6123.JPG
SOS_6135.JPG
SOS_6161.JPG
SOS_6230.JPG
IMG_6715.JPG
IMG_6749.JPG
IMG_6788.JPG

マルセルブーサック賞

 1レースに2歳牝馬1600m芝のマルセルブーサック賞Prix Marcel Boussac (Group 1) が行なわれました。スタート後にゆっくりとダビヤーDabyahがハナに立ち、スタートで出遅れたウゥハイダWuheidaが3コーナー手前で外から並びかけての2番手、プロミストゥビートゥルーPromise to be True、内にボディスカルプトBody Sculpt、その後ろにファーストオブスプリングFirst of Springが続き、2馬身開いてエレガンテビアElegante Bere、外にトゥリフォートToulifaut、後ろにノルマンデルNormandel、カバリドレCavale Doreeが並走し、 ベイリーズショウガールBaileys Showgirl、最後方にセンガSengaという隊列になりました。直線残り400mで逃げるダビヤーが後続を突き放したものの、2番手のウゥハイダが残り100mで交わして先頭に立ち、3番手のプロミストゥビートゥルーがダビヤーに並びかけたところがゴールでした。優勝したウゥハイダの勝ちタイムは1:35.85で鞍上はウィリアム・ビュイックWilliam Buick騎手。3/4馬身差の2着にプロミストゥビートゥルーが入り、ダビヤーは短首差の3着、道中最後方から残り300mで大外に持ち出したセンガが鋭く伸びて3/4馬身差の4着に入り、後方から伸びたカバリドレが2馬身差の5着、残り200mで進路を塞がれたトゥリフォートは8着でした。

arc-18.jpg

arc-19.jpg

arc-20.jpg

arc-21.jpg

arc-22.jpg

arc-23.jpg

【速報版】1R PRIX MARCEL BOUSSAC-CRITERTUM マルセルブーサック賞(芝1600m G1)

1Rは牝馬のマイル戦、マルセルブーサック賞(芝1600m G1)
W.ビュイック騎乗のWUHEIDA (ウヘイダ)が優勝
SOS_5975.JPG
SOS_5994.JPG
SOS_6014.JPG
IMG_6451.JPG
SO_S6170.JPG
SOS_6100.JPG
IMG_6523.JPG
IMG_6587.JPG

凱旋門賞デー・開幕

現地時間11時に開門となったシャンティイ競馬場、少し肌寒い感じの気温ですが天気の心配は無さそうです。
メインレースの凱旋門賞は4R(16:05・日本時間23:05)に組まれてます。
当日は7レース全てがG1レースという華やかさです!
まずは開門直後のシャンティイの様子です。
SOS_5765.JPG
SOS_5772.JPG
SOS_5781.JPG
SOS_5785.JPG
SOS_5788.JPG
SOS_5789.JPG
SOS_5791.JPG
SOS_5792.JPG
SOS_5794.JPG
SOS_5803.JPG
SOS_5810.JPG
SOS_5812.JPG
SOS_5822.JPG
SOS_5828.JPG
SOS_5835.JPG
SOS_5836.JPG

プログラム

 当日のプログラムが配布されました。日本からもぜひ応援して下さい。

arc-1.jpg

arc-2.jpg

笹川翼騎手

 2日朝にラモルレイ調教場で調教をする笹川翼Tsubasa Sasagawa騎手です。

arc-3.jpg

arc-4.jpg

7R Arabian Trophy des Juments アラビアントロフィー

7R Arabian Trophy des Juments アラビアントロフィー
純血アラブの芝2000mで行われたアラビアントロフィー(G1)はスタートから果敢に飛ばしたNAZIQ(ナジック)がまんまと逃げきって優勝・騎手JB.Eyquem(エイクェム)
SOS_5668.JPG
SOS_5677.JPG
SOS_5691.JPG
SOS_5708.JPG
SOS_5752.JPG
SO_S6098.JPG
SO_S6121.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2016 レース概要

バックナンバー

その他のレース