文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2016 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

2016 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

ブレイジングスピード

 香港カップの本馬場入場のブレイジングスピードです。香港調教の7歳騸馬で通算成績は42戦10勝です。11年10月に英ヤーマスYarmouth競馬場でデビューし、4戦2勝の戦績で香港に移籍しました。13年香港カップHong Kong Cup (Group 1) ではアキードモフィードAkeed Mofeedの6着、14年1月にスチュワーズカップStewards' Cup (L Group 1) でダンエクセルDan Excelに短頭差で重賞初優勝すると、3月にはドバイデューティーフリーDubai Duty Free (Group 1) に参戦してジャスタウェイJust A Wayの10着、4月のチャンピオンズマイルChampions Mile (Group 1) はヴァライエティクラブVariety Clubの6着、5月のチャンピオンズ&チャターカップChampions & Chater Cup (L Group 1) で重賞2勝目としました。秋のジョッキークラブカップJockey Club Cup (Group 2) では中団外の位置取りからゴール前でミリタリーアタックMilitary Attackをアタマ差交わして優勝し、続く香港カップは大外枠から先行争いに加わって直線で一杯となりデザインズオンロームDesigns on Romeの12着でした。昨年は4月のクイーンエリザベス2世カップQEII Cup (Group 1) でステファノスStaphanosに2馬身差を付けて優勝すると、秋はジョッキークラブカップでミリタリーアタックにアタマ差の2着、香港カップでは4番手の内に付けエイシンヒカリA Shin Hikariの3着でした。今年1月のスチュワーズカップStewards' Cup (Group 1) はジャイアントトレジャーGiant Treasureの5着、2月の香港ゴールドカップHong Kong Gold Cup (Group 1) は3番手の外を進んだもののゴール前で伸びを欠いてデザインズオンロームの5着、4月のクイーンエリザベス2世CはウェルテルWertherに4-1/2、1-1/4馬身差の3着でしたが、チャンピオンズ&チャターカップChampions & Chater Cup (Group 1) では4番手を進むとゴール前で3頭並んだ真ん中となり、外のヴィクトリーマジックVictory Magic、内のウェルテルを短頭、短頭差で退けて同レース2度目の優勝としました。前々走はシャティントロフィー Sha Tin Trophy (Group 2) でデザインズオンロームにクビ差の2着、前走のジョッキークラブカップは4番手の外に付けてレースを進めたものの、ゴール前で伸びを欠きシークレットウェポンSecret Weaponの5着でした。鞍上は主戦のニール・カランNeil Callan騎手です。

16HKDec-93.jpg

モーリス

 香港カップの本馬場入場のモーリスMauriceです。鞍上はライアン・ムーアRyan Moore騎手です。

16HKDec-88.jpg

16HKDec-89.jpg

エイシンヒカリ

 香港カップの本馬場入場のエイシンヒカリA Shin Hikariです。鞍上は武豊Yutaka Take騎手です。

16HKDec-86.jpg

16HKDec-87.jpg

香港マイル

 7レースに1600m芝の香港マイルHong Kong Mile (Group 1) が行われました。ロゴタイプLogotype、ヘレンパラゴンHelene Paragon、サトノアラジンSatono Aladdin、ジャイアントトレジャーGiant Treasureが出遅れて後方からとなりました。好スタートを切ったビューティーフレームBeauty Flameがハナに立ち、ネオリアリズムNeorealismが2番手の外、ロゴタイプは追い上げて3番手の内に付け、4番手にコンテントメントContentment、3馬身開いてサンジュエリーSun Jewellery、ロマンチックタッチRomantic Touchが併走し、パッキングピンズPacking Pins、クーガーマウンテンCougar Mountain、ジョイフルトリニティJoyful Trinity、ヘレンパラゴン、ビューティーオンリーBeauty Only、ジャイアントトレジャーと続き、後方2番手にエイブルフレンドAble Friend、最後方からサトノアラジンという隊列になりました。4コーナーでネオリアリズムが逃げるビューティーフレームに並びかけ、ビューティーオンリーが中団馬群の外まで上がって直線へ。ネオリアリズムが残り200mで単独先頭に立ったものの、すぐにロゴタイプ、コンテントメント、ジョイフルトリニティが交わし、残り50mで外からビューティーオンリーが差し切り、ゴール前で後方馬群から鋭く伸びたヘレンパラゴンがビューティーオンリーの内から迫ったものの、ビューティーオンリーが抑えて勝利しました。勝ちタイムは1:33.48で鞍上はザカリー・パートンZachary Purton騎手。ヘレンパラゴンは1/2馬身差の2着、ジョウイフルトリニティが1/2馬身差の3着、コンテントメントがクビ差の4着、ロゴタイプは短頭差の5着、後方2番手から末脚勝負のエイブルフレンドはゴール前での鋭い伸びがなく3/4馬身差の6着、最後方から大外に持ち出したサトノアラジンは残り100mで内に寄れ、そこから外に出してエイブルフレンドに並びかけたもののクビ差の7着、ネオリアリズムはゴール前で踏ん張れず9着でした。

16HKDec-47.jpg

16HKDec-48.jpg

16HKDec-49.jpg

16HKDec-50.jpg

16HKDec-51.jpg

【速報版】香港マイル

7R香港マイル(芝1600m)日本からはロゴタイプ、サトノアラジン、ネオリアリズムが出走。
直線激しい攻防を制したビューティーフレーム(パートン騎手)が優勝
ロゴタイプ4着、サトノアラジン、ネオリアリズムは着外に...
IMG_3355.JPG
IMG_3384.JPG
IMG_3413.JPG
SOS_1474.JPG
SOS_1488.JPG
SOS_1511.JPG
SOS_1581.JPG
IMG_3505.JPG
SOS_1627.JPG
SOS_1777.JPG
SOS_1800.JPG
IMG_3602.JPG


サトノアラジン

 香港マイルの返し馬のサトノアラジンSatono Aladdinです。鞍上は川田将雅Yuga Kawada騎手です。

16HKDec-83.jpg

ネオリアリズム

 香港マイルの本馬場入場、返し馬ののネオリアリズムNeorealismです。鞍上はライアン・ムーアRyan Mooreです。

16HKDec-79.jpg

16HKDec-85.jpg

16HKDec-82.jpg

香港スプリント

 5レースに1200m芝の香港スプリントHong Kong Sprint (Group 1) がピュアセンセーションPure Sensation取り消しの13頭立てで行われました。最内枠からペニアフォビアPeniaphobiaがハナに立ち、スーパージョッキーSuper Jockeyが2番手、エアロヴェロシティAerovelocityが3番手に付け、その後ろにレベルデインRebel Dane、ストラスモアStrathmore、ノットリスニントゥーミーNot Listenin'tome、テイクダウンTakedownと一団で続き、ビッグアーサーBig Arthurは中団の外に付け、ラッキーバブルスLucky Bubblesはその後ろ、グラウルGrowl、レッドファルクスRed Falx、アメージングキッズAmazing Kidsは後方2番手、最後方からサインズオブブレッシングSigns of Blessingという隊列になりました。3コーナーでレベルデインが3番手に上がると、エアロヴェロシティはやや下がり、ビッグアーサーはその外に上がって直線へ。逃げるペニアフォビアが突き放したものの、先行馬群の中からエアロヴェロシティが伸びを見せ、後方からはラッキーバブルスが鋭い伸びを見せて先頭に立つ勢いでしたが、エアロヴェロシティが僅かに凌いで優勝しました。勝ちタイムは1:08.80で鞍上はザカリー・パートンZachary Purton騎手。ラッキーバブルスは短頭差届かず2着、残り100mで交わされながらも内で粘ったペニアフォビアが3/4馬身差の3着、4コーナーでも後方2番手だったアメージングキッズが最内を突いて伸びを見せて1/2馬身差の4着に入り、最後方にいたサインズオブブレッシングは大外に持ち出して末脚を繰り出し5着、エアロヴェロシティの後ろを通ったノットリスニントゥミーはゴール前で伸びを欠いて7着、ビッグアーサーは残り300mで優勝争いから脱落すると10着に敗退し、レッドファルクスは残り200mで前から離されると12着に終わりました。

16HKDec-43.jpg

16HKDec-44.jpg

16HKDec-45.jpg

16HKDec-46.jpg

ロゴタイプ

 香港マイルの本馬場入場、返し馬のロゴタイプLogotypeです。鞍上はミルコ・デムーロMirco Demuro騎手です。

16HKDec-84.jpg

16HKDec-80.jpg

16HKDec-81.jpg

【速報版】香港スプリント

5Rは香港スプリント(芝1200m)
日本からは春秋のスプリント王が参戦も一昨年の勝ち馬エアロベロシティが競り合いを制して2年ぶりにこのレースを勝ちました(騎手パートン)
ビッグアーサー6着、レッドファルクス9着で入線。
IMG_2785.JPG
IMG_2820.JPG
SOS_1137.JPG
SOS_1150.JPG
SOS_1172.JPG
IMG_2946.JPG
SOS_1226.JPG
IMG_2979.JPG
IMG_3008.JPG
IMG_3088.JPG
SOS_1338.JPG
SOS_1398.JPG
IMG_3131.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2016 レース概要

バックナンバー

その他のレース