文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2016 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

2016 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

レッドファルクス

 香港スプリントの本馬場入場、返し馬のレッドファルクスRed Falxです。鞍上はミルコ・デムーロMirco Demuro騎手です。

16HKDec-76.jpg

16HKDec-77.jpg

ビッグアーサー

 香港スプリントの本馬場入場のビッグアーサーBig Arthurです。鞍上はライアン・ムーアRyan Moore騎手です。

16HKDec-78.jpg

香港ヴァーズ

 4レースに2400m芝の香港ヴァーズHong Kong Vase (Group 1) が行われました。スタート後にゆっくりとハイランドリールHighland Reelがハナに立ち、ヘレンハッピースターHelene Happy Starが2番手の外に付け、3番手の内にイースタンエクスプレスEastern Express、アンティシペーションAnticipation、外にビッグオレンジBig Orange、内にシルバーウェーヴSilverwave、その後ろにフレイムヘイローFlame Heroが付け、スマートレイヤーSmart Layerは中団馬群の外となり、ガルリンガリGarlingari、内にサトノクラウンSatono Crown、ヌーヴォレコルトNuovo Record、ワンフットインヘヴンOne Foot in Heaven、ケシュアQuechua、最後方からベンジニBenziniという隊列になりました。2コーナーでビッグオレンジがハナを奪うとハイランドリールは2番手の内となり、向正面に入ると前の2頭が後続を3馬身離しましたが、向正面半ばでビッグオレンジが控えると再びハイランドリールがハナに立ち、3コーナー手前ではスマートレイヤーが外から、サトノクラウンが内から先行グループに加わり、4コーナーではスマートレイヤーが3番手の外に付けたのに対してサトノクラウンは後方の内まで下がって直線へ。残り400mでハイランドリールがスパートすると後続を一気に引き離し、サトノクラウンが馬群の間で伸びを見せると残り300mで単独2番手にあがり、その後じわじわと差を詰めていくとハイランドリールが残り50mで脚色が鈍り、サトノクラウンがゴール前で一気に交わして優勝しました。勝ちタイムは2:26.22で鞍上はジョアン・モレイラJoao Moreira騎手。1/2馬身差の2着にハイランドリール、後方からサトノクラウンノ後ろを伸びたワンフットインヘヴンが残り200mで単独3番手に上がったもののそこから突き放されて6-3/4馬身差の3着、向正面で最後方まで下がったヌーヴォレコルトが直線で馬群の間を突いて3/4馬身差の4着、スマートレイヤーはゴール前で盛り返してクビ差の5着、後方の内から直線で伸びて残り150mで4番手に上がったベンジニがゴール前で伸びを欠いてクビ差の6着でした。

16HKDec-34.jpg

16HKDec-35.jpg

16HKDec-36.jpg

16HKDec-37.jpg

16HKDec-38.jpg

16HKDec-39.jpg

16HKDec-40.jpg

16HKDec-41.jpg

16HKDec-42.jpg

【速報版】香港ヴァーズ

4R香港ヴァーズ(芝2400m)
日本からサトノクラウン・ヌーヴォレコルト・スマートレイアーが出走。
圧倒的1番人気のハイランドリールが押し切る所を外からサトノクラウンが差しきりG1初勝利を挙げました(騎手モレイラ)
ヌーヴォレコルト4着、スマートレイアー5着と掲示板に全て載りました!
SOS_0543.JPG
SOS_0631.JPG
SOS_0641.JPG
SOS_0732.JPG
SOS_0747.JPG
IMG_2258.JPG
SOS_0770.JPG
SOS_0845.JPG
IMG_2304.JPG
SOS_0912.JPG
IMG_2379.JPG
IMG_2446.JPG
IMG_2482.JPG
SOS_0956.JPG
IMG_2559.JPG
SOS_1039.JPG

スマートレイヤー

 香港ヴァーズの本馬場入場のスマートレイヤーSmart Layerです。鞍上は武豊Yutaka Take騎手です。

16HKDec-74.jpg

ヌーヴォレコルト

 香港ヴァーズの本馬場入場のヌーヴォレコルトNuovo Recordです。鞍上は岩田康誠Yasunari Iwata騎手です。

16HKDec-73.jpg

ベンジニ

 香港ヴァーズの本馬場入場のベンジニBenziniです。鞍上はロージー・マイヤーズRosie Myers騎手です。

16HKDec-71.jpg

16HKDec-72.jpg

ガルリンガリ

 香港ヴァーズの本馬場入場のガルリンガリGarlingariです。鞍上はステファン・パスキエStephane Pasquier騎手です。

16HKDec-69.jpg

16HKDec-70.jpg

ヘレンハッピースター

 香港ヴァーズの本馬場入場のヘレンハッピースターHelene Happy Starです。香港ジョン・ムーアJohn Moore師の管理する5歳騸馬で通算成績は28戦3勝です。13年8月に英ニューベリーNewbury競馬場でバーレイモウBarley Mowの名前でデビューし、10月に仏ロンシャンLongchamp競馬場で行われたジャンリュックラガルデール賞Prix Jean-Luc Lagardere (Group 1) でカラコンティーKarakontieの5着に入るなど、8戦2勝の戦績で香港に移籍しました。昨年は3冠路線を歩み、1月の香港クラシックマイルHong Kong Classic Mile (L Group 1) はビューティーオンリーBeauty Onlyの6着、2月の香港クラシックカップHong Kong Classic Cup (L Group 1) はサンダーファンタジーThunder Fantasyの5着、3月の香港ダービーHong Kong Derby (L Group 1) では後方の位置取りから直線残り200mで外に持ち出すとそこから鋭く追い込んでルガーLugerの4着でした。その後のクイーンエリザベス2世CQEII Cup (Group 1) はブレイジングスピードBlazing Speedの8着に終わったものの、5月のクイーンマザーメモリアルカップQueen Mother Memorial Cup (L Group 3) で重賞初勝利としました。続くチャンピオンズ&チャーターカップChampions & Chater Cup (Group 1) でも直線を向いて競り合い、ヘレンスーパースターHelene Super Starに短頭、頭差の3着に入っています。今年2月の香港ゴールドカップHong Kong Gold Cup (Group 1) は後方3番手の位置取りから直線で大外に持ち出して鋭く伸びてデザインズオンロームDesigns on Romeに1/2馬身差の2着に入りましたが、その後は4月のクイーンエリザベス2世CでウェルテルWertherの7着になるなど上位争いはなく、前走のジョッキークラブカップJockey Club Cup (Group 2) は逃げて残り100mで交わされシークレットウェポンSecret Weaponの4着でした。鞍上は前走に続きヒュー・ボウマンHugh Bowman騎手です。

16HKDec-75.jpg

サトノクラウン

 香港ヴァーズの本馬場入場のサトノクラウンSatono Crownです。鞍上はジョアン・モレイラJoao Moreira騎手です。

16HKDec-66.jpg

16HKDec-67.jpg

16HKDec-68.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2016 レース概要

バックナンバー

その他のレース