文字サイズ

文字サイズとは?



2017 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

ローリーポーリー

 7日朝の調教中のローリーポーリーRoly Polyです。愛エイダン・オブライエンAidan O'Brien師の管理する3歳牝馬で通算成績は17戦6勝、香港マイルに出走します。昨年6月にカラCurragh競馬場のグランジコンスタッドSGrangecon Stud Stakes (Group 3) を勝利し、続く英ニューマーケットNewmarket競馬場のダッチェスオブケンブリッジSDuchess of Cambridge Stakes (Group 2) も勝利。9月にはニューマーケット競馬場のチェヴァリーパークSCheveley Park Stakes (Group 1) でブレーヴアンナBrave Annaに短頭差の2着となると、BCジュベナイルフィリーズターフBreeders' Cup Juvenile Fillies Turf (Grade 1) に参戦し、2番手の内を進んだものの直線で伸びずニューマネーハニーNew Money Honeyの9着に敗退しました。仏1000ギニーのプールデッセデプーリッシュPoule d'Essai des Pouliches (Group 1) はプレシュウズPrecieuseの6着に敗退したものの、愛1000ギニーIrish 1000 Guineas (Group 1) では道中最後方からゴール前で伸びを見せウィンターWinterに4-3/4馬身差の2着に入り、ロイヤルアスコットのコロネーションSCoronation Stakes (Group 1) でも2番手を進むとウィンターに2-1/4馬身差の2着に入りました。7月のファルマスSFalmouth Stakes (Group 1) では逃げてゴール前で突き放し、ウーヘイダWuheidaに1-1/2馬身差を付け初G1タイトルを獲得し、2週後に仏ドーヴィルDeauville競馬場のロートシルト賞Prix Rothschild (Group 1) に転戦しヴィアラヴェンナVia Ravennaに短首差でG1連勝としています。9月にはレパーズタウンLeopardstown競馬場のメイトロンSMatron Stakes (Group 1) に出走し、逃げたものの直線半ばで交わされてハイドレンジアHydrangeaの6着、10月のサンチャリオットSSun Chariot Stakes (Group 1) で逃げてゴール前で突き放し、パスエイシヴPersuasiveに1-1/4馬身差で勝利しました。前走はBCマイルBreeders' Cup Mile (Grade 1) に参戦し、道中最後方から直線を向いて鋭い伸びはなくワールドアプルーバルWorld Approvalの11着に終わっています。レースではシェイミー・ヘファナンSeamie Heffernan騎手が騎乗します。

17HKDec-51.jpg

17HKDec-52.jpg

17HKDec-53.jpg

17HKDec-54.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2017 レース概要

バックナンバー

その他のレース