文字サイズ

文字サイズとは?



2017 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

ライトニングスピア

 7日朝の調教中のライトニングスピアLightning Spearです。イギリス調教の6歳牡馬で通算成績は20戦6勝、香港マイルに出走します。15年8月にジャックルマロワ賞Jacques le Marois (Group 1) でG1初出走とすると後方から馬群の間を突いてエゾテリックEsoteriqueの4着に入り、10月の英チャンピオンSChampion Stakes (Group 1) では後方のまま直線で伸びずファスシネイティングロックFascinating Rockの12着に終わりました。昨年はロイヤルアスコットのクイーンアンSQueen Anne Stakes (Group 1) で後方から直線で伸びてテピンTepinに1/2、1-1/4馬身差の3着に入ると、サセックスSSussex Stakes (Group 1) ではザグルカThe Gurkhaの6着、ジャックルマロワ賞はリブチェスターRibchesterの9着と敗退が続いたものの、グッドウッドGoodwood競馬場のセレブレーションマイルSCelebration Mile Stakes (Group 2) をゾンダーランドZonderlandに1-3/4馬身差を付けて重賞初勝利としました。10月にはクイーンエリザベス2世SQueen Elizabeth II Stakes (Group 1) で後方から残り200mで3番手に上がって前に迫り、マインディングMindingに1/2、1馬身差の3着に入っています。今年はこれまで7戦1勝で、5月のロッキンジSLockinge Stakes (Group 1) はリブチェスターに3-3/4馬身差の2着に入ると、クイーンアンSはリブチェスターの9着、エクリプスSCoral-Eclipse (Group 1) はユリシーズUlyssesの7着に終わり、サセックスSは残り50mまで先頭だったもののゴール前で踏ん張れずヒアカムズウェンHere Comes Whenにクビ、3/4馬身差の3着となると、セレブレーションマイルSでゾンダーランドにハナ差で勝利し同レースの連覇を達成しました。9月にはムーランドロンシャン賞Prix du Moulin de Longchamp (Group 1) でリブチェスターの6着、前走はクイーンエリザベスSで後方から残り300mで2番手まで上がったものの、ゴール前で伸びを欠いてパスウェイシヴPersuasiveの6着でした。レースでは主戦のオイシン・マーフィーOisin Murphy騎手が騎乗します。

17HKDec-55.jpg

17HKDec-56.jpg

17HKDec-57.jpg

17HKDec-58.jpg

17HKDec-59.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2017 レース概要

バックナンバー

その他のレース