文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2017 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

2017 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

スマートコール

 6日朝の調教中のスマートコールSmart Callです。南アフリカ産、英マイケル・スタウトSir Michael Stoute師の管理する6歳牝馬で、通算成績は21戦7勝、香港ヴァーズに出走します。14年8月に南アフリカでデビューし、15年5月にグレイヴィルGreyville競馬場の3歳牝馬G1ウーラヴィントン2000Woolavington 2000 (Grade 1) でクビ差優勝すると、続く牝馬G1のガーデンプロヴィンスSGarden Province Stakes (Grade 1) でもセイムジュリスディクションSame Jurisdictionに1馬身差の2着に入りました。16年1月にはケニルワースKenilworth競馬場の牝馬G1パドックSPaddock Stakes (Grade 1) を優勝すると、続く古馬の大一番J&BメットJ&B Met (Grade 1) に出走し、先行グループの後ろから直線半ばで鋭い脚で抜け出して断然人気のリーガルイーグルLegal Eagleに3-1/2馬身差をつけてG1連勝としました。南アフリカ16戦7勝の戦績でイギリスに移籍した後はこれまで5戦し未勝利で、今年7月に愛カラCurragh競馬場のプリティーポリーSPretty Polly Stakes (Group 1) はネズワーNezwaahの7着、仏ドーヴィルDeauville競馬場のジャンロマネ賞Prix Jean Romanet (Group 1) はアジマンプリンセスAjman Princessの4着、前走は愛カラ競馬場のブランドフォードSBlandford Stakes (Group 2) に出走したもののシャムレーンShamreenの6着に終わっています。レースではジム・クローリーJim Crowley騎手が騎乗します。

17HKDec-22.jpg

17HKDec-24.jpg

17HKDec-25.jpg

17HKDec-28.jpg

12.6 今朝の日本馬

12月10日(日)に香港、沙田競馬場で行われる香港国際競走!
今年も日本馬が国際競走全4レースに計8頭が挑戦します。

カップ(2000m)に出走するネオリアリズム(赤5)、スマートレイアー(赤9)、ステファノス(赤10)
マイル(1600m)に出走するサトノアラジン(青11)
スプリント(1200m)に出走するレッツゴードンキ(黄4)、ワンスインナムーン(黄8)
ヴァーズ(2400m)に出走するキセキ(緑9)、トーセンバジル(緑14)

今朝はワンスインナムーンが芝コース、それ以外の日本各馬全てAW(オールウェザーコース)に馬場入りしました。

ネオリアリズム(赤5)
171203im72.JPG
171203im74.JPG

スマートレイアー(赤9)
171203im70.JPG
171203im77.JPG

ステファノス(赤10)
171203im81.JPG
171203im67.JPG


サトノアラジン(青11)
171203im73.JPG
171203im69.JPG

レッツゴードンキ(黄4)
SO2_9916.JPG
171203im78.JPG

ワンスインナムーン(黄8)
171203im65.JPG
171203im66.JPG

キセキ(緑9)
171203im68.JPG
171203im71.JPG

トーセンバジル(緑14)
171203im75.JPG

パドックでスクーリングをするレッツゴードンキ(右)とスマートレイアー
171203im76.JPG


ガルリンガリ

 5日朝の調教中のガルリンガリGarlingariです。フランス調教の6歳騸馬で通算成績は53戦9勝、香港カップに出走します。初重賞出走は14年10月にロンシャンLongchamp競馬場で行われたコンセイユドパリ賞Prix du Conseil de Paris (Group 2) で4頭立ての4着でした。2度目は16年3月サンクルーSaint-Cloud競馬場のイクスビュリ賞Prix Exbury (Group 3) で勝利すると、続くシャンティイChantilly競馬場のアークール賞Prix d'Harcourt (Group 2) もサンバルSumbalに3-1/2馬身差を付けて重賞連勝しました。5月にはガネー賞Prix Ganay (Group 1) でダリヤンDariyanに1-1/4、3馬身差の3着、6月のシャンティイ大賞Grand Prix de Chantilly (Group 2) でもワンフットインヘヴンOne Foot in Heavenに3/4馬身差の2着に入ったものの、サンクルー大賞Grand Prix de Saint-Cloud (Group 1) はシルバーウェーヴSilverwaveは5着に敗れると、その後3戦未勝利で香港ヴァーズHong Kong Vase (Group 1) に参戦し、中団馬群の外を進むと直線で大外に持ち出してやや伸びてサトノクラウンSatono Crownの7着でした。今年はこれまで6戦2勝で、G3を3戦連続2着とすると、8月にドーヴィルDeauville競馬場のドーヴィル大賞Grand Prix de Deauville (Group 2) でティベリアンTiberianの5着、前々走はメゾンラフィットMaisons-Laffitte競馬場のメゾンラフィットカップLa Coupe de Maisons-Laffitte (Group 3) を勝利し、前走はシャンティイ競馬場のドラール賞Prix Dollar (Group 2) に出走すると、2番手を進みゴール前で抜け出してサブウェイダンサーSubway Dancerに短首差で連勝としています。レースではステファン・パスキエStephane Pasquier騎手が騎乗します。

17HKDec-20.jpg

17HKDec-21.jpg

レッツゴードンキ

 5日朝の調教中のレッツゴードンキLet's Go Donkiです。

17HKDec-16.jpg

17HKDec-17.jpg

17HKDec-18.jpg

17HKDec-19.jpg

ハイランドリール

 5日朝の調教中のハイランドリールHighland Reelです。愛エイダン・オブライエンAidan O'Brien師の管理するガリレオGalileo産駒の5歳牡馬で通算成績は26戦9勝、香港ヴァーズに出走します。一昨年5月のプールデッセデプーランPoule d'Essai des PoulainsはメイクビリーヴMake Believeの6着、仏ダービーのジョッキークラブ賞Prix du Jockey Club (Group 1) ではニューベイNew Bayに1-1/2馬身差の2着に入り、愛ダービーIrish Derby (Group 1) ではジャックホブスJack Hobbsの5着、7月に英グッドウッドGoodwood競馬場のゴードンSGordon Stakes (Group 3) を勝利すると、8月には米アーリントンArlington park競馬場のセクレタリアトSSecretariat Stakes (Grade 1) に参戦して初G1のタイトルを獲得しました。9月には愛チャンピオンSIrish Champion Stakes (Group 1) でゴールデンホーンGolden Hornの5着となった後、豪ムーニーヴァレーMoonee valley競馬場のコックスプレートCox Plate (Group 1) に参戦して、ウインクスWinxに4-3/4、3/4馬身差の3着。その後の香港ヴァーズHong Kong Vase (Group 1) ではフリントシャーFlintshireに1-1/2馬身差を付けて優勝しました。昨年3月のドバイシーマクラシックDubai Sheema Classic (Group 1) はポストポンドPostponedの4着、香港のクイーンエリザベス2世CQEII Cup (Group 1) はウェルテルWertherの8着と敗退が続きましたが、7月のキングジョージ6世&クイーンエリザベスSKing George VI And Queen Elizabeth Stakes (Group 1) では逃げてウイングシオブデザイアWings of Desireを1-1/4馬身振り切って優勝しました。8月の英インターナショナルSInternational Stakes (Group 1) はポストポンドに1-1/4馬身差の2着、愛チャンピオンSではアルマンゾールAlmanzorの7着、凱旋門賞Prix de l'Arc de Triomphe (Group 1) ではファウンドFoundに1-3/4馬身差の2着に入ると、BCターフBreeders' Cup Turf (Grade 1) では逃げてフリントシャーに1-3/4馬身差を付けて優勝しています。昨年の香港ヴァーズは逃げて直線で突き放したもののゴール前でサトノクラウンSatono Crownに差し切られ、1/2馬身差の2着に終わりました。今年はこれまで6戦2勝で、3月のドバイシーマクラシックはジャックホブスの7着、コロネーションカップCoronation Cup (Group 1) 、ロイヤルアスコットのプリンスオブウェールズSPrince of Wales's Stakes (Group 1) と連勝したものの、キングジョージ6世&クイーンエリザベスSは前から離れた2番手の外を進むと3コーナーで下がって直線巻き返せずエネイブルEnableの4着、10月の英チャンピオンSChampion Stakes (Group 1) では向正面で1頭だけ外ラチ沿いを走りましたが直線を向いて鋭い伸びはなくクラックスマンCracksmanに7馬身、クビ差の3着、前走のBCターフは3番手の内から直線で外に持ち出してゴール前までしぶとく伸びたものの、タリスマニックTalismanicに1/2馬身、クビ差の3着でした。レースでは主戦のライアン・ムーアRyan Moore騎手が騎乗します。

17HKDec-10.jpg

17HKDec-14.jpg

17HKDec-15.jpg

ステファノス

 5日朝の調教中のステファノスStaphanosです。

17HKDec-9.jpg

17HKDec-11.jpg

17HKDec-12.jpg

17HKDec-13.jpg

ストーミーリベラル

 5日朝の調教中のストーミーリベラルStormy Liberalです。アメリカ調教の5歳騸馬で通算成績は22戦8勝、香港スプリントに出走します。14年11月にデルマーDel Mar競馬場のセシルBデミユSCecil B Demille Stakes (Grade 3) で2着、16年12月にサンタアニタSanta Anita競馬場のサンシメオンSSan Simeon Stakes (Grade 3) で2着がありますが、昨年までG2以上の出走歴はなく、今年に入って4連勝でサンタアニタ競馬場のデイトナSDaytona Stakes (Grade 3) を勝利すると、前々走ベルモンタパークBelmont Park競馬場のジャイパーインビテーショナルSJaipur Invitational Stakes (Grade 3) では先頭に並びかけながらのレースをしたものの直線で失速してディスコパートナーDisco Partnerの8着に敗退。しかし、初G1出走となった前走のBCターフスプリントBreeders' Cup Turf Sprint (Grade 1) では、先行グループの内から直線を向いて伸びると、ゴール前でリチャーズボーイRichard's Boyをアタマ差交わして優勝しました。レースではシルヴェスター・デソウサSilvestre de Sousa騎手が同馬に初騎乗します。

17HKDec-8.jpg

ティベリアン

 5日朝の調教中のティベリアンTiberianです。フランス調教の5歳牡馬で通算成績は18戦6勝、香港ヴァーズに出走します。15年5月にデュルタルDurtal競馬場でデビューしました。10月にロンシャンLongchamp競馬場で行われたショードネ賞Prix Chaudenay (Group 2) では、後方からゴール前で鋭く伸びてヴァジラバドVazirabadに3馬身差の2着に入っています。昨年ロイヤルアスコットのゴールドカップGold Cup (Group 1) でG1初出走を果たすとオーダーオブセントジョージOrder of St Georgeの14着、独バーデンバーデンBaden-Baden競馬場のバーデン大賞Grosser Preis von Baden (Group 1) はイキートスIquitosの4着でした。今年はこれまで6戦し4勝しており、5月にサンクルーSaint-Cloud競馬場のエドヴィル賞Prix d'Hedouville (Group 3) で初重賞勝利とすると、7月のサンクルー大賞Grand Prix de Saint-Cloud (Group 1) はザラックZarakの7着、8月にはドーヴィルDeauville競馬場のリュー賞Prix de Reux (Group 3) 、ドーヴィル大賞Grand Prix de Deauville (Group 2) と連勝し、前走はメルボルンカップMelbourne Cup (Group 1) に参戦して後方外の位置取りから3コーナー手前で上がると3番手で直線を向きましたが伸びを欠いてリキンドリングRekindlingの7着でした。レースでは今年からコンビを組むオリビエ・ペリエOlivier Peslier騎手が騎乗します。

17HKDec-2.jpg

17HKDec-5.jpg

17HKDec-6.jpg

マックスダイナマイト

 5日朝の調教中のマックスダイナマイトMax Dynamiteです。グレイトジャーニーGreat Journey産駒フランス産アイルランド調教の7歳騸馬で、通算成績は平地16戦3勝、障害8戦1勝、香港ヴァーズに出走します。12年12月にフランスでデビューし、13年のジョッキークラブ賞Prix du Jockey Club (Group 1) でアンテロIntelloの8着に入るなど、9戦1勝の戦績でアイルランドに移籍しました。14年11月の移籍後初戦はハードルレースを勝利し、15年7月にはゴールウェイハードルHGalway Hurdle Handicap (Grade A) で2着に入るなどしましたが、続く英ヨークYork競馬場のロンスデールカップLonsdale Cup (Group 2) では平地戦ながらも優勝し、メルボルンカップMelbourne Cup (Group 1) に参戦すると中団馬群の中から直線残り250mで外に持ち出して鋭く伸びて、プリンスオブペンザンスPrince of Penzanceに1/2馬身差に迫る2着と健闘しました。昨年はロイヤルアスコットのゴールドカップGold Cup (Group 1) でオーダーオブセントジョージ Order of St Georgeの10着など2戦未勝利に終わっています。今年の初戦は8月のゴールウェイハードルHで9着、前々走キラーニーKillarney競馬場の条件戦を勝利すると、2年ぶりにメルボルンカップに参戦し先行グループの内から直線で先頭に競りかけたものの、ゴール前で遅れてリキンドリングRekindlingに1/2、2-1/2馬身差の3着でした。レースではグリン・スコフィールドGlyn Schofield騎手が同馬に初騎乗します。

17HKDec-1.jpg

17HKDec-3.jpg

17HKDec-4.jpg

17HKDec-7.jpg

香港国際競走、12月10日にいよいよ開幕!

12月10日(日)香港・シャティン競馬場で行われる香港国際競走。各カテゴリー4レースのG1レースに日本馬がエントリー。昨年はモーリスが香港カップ、サトノクラウンが香港ヴァーズをそれぞれ優勝。今年も香港で日本馬が世界と対決します。


最近投稿された記事

追加・更新記事

2017 レース概要

バックナンバー

その他のレース