文字サイズ

文字サイズとは?



2018 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

香港スプリント

 5レースに1200m芝の香港スプリントがスタート時の枠入不良でピンウースパークPingwu Spark除外の11頭で行われました。サーダンスアロットSir Dancealotがスタートで遅れて最後方から、ウィナーズウェイWinner's Wayもダッシュ付かず後方からとなりました。好スタートを切ったホットキングプローンHot King Prawnがそのままハナに立ち、ミスタースタニングMr Stunningもハナに立つ勢いだったものの控えて2番手、3番手の外にアイヴィクトリーIvictory、4番手の内にディービーピン、その後ろにリトルジャイアントLittle GiantとファインニードルFine Needleが併走し、ボーンインチャイナBorn in China、ビートザクロックBeat The Clock、ウィナーズウェイ、リムズクルーザーLim's Cruiser、サーダンスアロットの隊列となりました。3コーナーで3番手の外にいたアイヴィクトリーが先頭に並びかけに行くと、その後ろのファインニードルもやや上がって直線へ。逃げたホットキングプローンは直線を向いても突き放すことはできず、併走するアイヴィクトリーも交わしされず残り150mまで来たところで、2頭の間を突いたディービーピンと外を通ったミスタースタニングが一気に抜き去り、大外からビートザクロックも伸びを見せて、3頭の叩き合いから真ん中のミスタースタニングが抜け出て優勝しました。勝ちタイムは1:08.85で鞍上はカリス・ティータンKaris Teetan騎手。3/4馬身差の2着にディービーピン、1/2馬身差の3着にビートザクロックとなり、ミスタースタニングの後ろを伸びたリトルジャイアントはビートザロックに被せられて外に持ち出せず1/2馬身差の4着、直線で最内を突いたボーンインチャイナがゴール直前で5着に上がり、ファインニードルは直線半ばで後方まで下がったもののゴール前でやや盛り返して8着、ホットキングプローンは残り100mから下がる一方となり9着に終わりました。

18HKDec-064.JPG

18HKDec-065.JPG

18HKDec-066.JPG

18HKDec-067.JPG

18HKDec-068.JPG

18HKDec-069.JPG

18HKDec-070.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

バックナンバー

その他のレース