文字サイズ

文字サイズとは?



2019 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

ドバイワールドカップ

 9レースに2000mダートのドバイワールドカップDubai World Cup (Group 1) がケイティブレイブK T Brave出走取消の12頭立てで行われました。好スタートを決めたノースアメリカNorth Americaがハナに立ち、サンダースノーThunder Snowが並びかけての2番手、3番手の内にキャッペッザーノCapezzano、グロンコウスキーGronkowski、ニュートレイルズNew Trailsと先行グループを形成し、中団に内からオーディブルAudible、アクセルロッドAxelrod、ヨシダYoshida、ドルコンDolkongと並び、その後ろにパヴェルPavel、シーキングザソウルSeeking the Soul、最後方からガンナヴェラGunneveraという隊列となりました。2コーナーでグロンコウスキーが2番手の外に上がり、3コーナーからはグロンコウスキーが逃げるノースアメリカに競りかけていくとサンダースノーだけが付いていって後続が離されて直線へ。残り350mでグロンコウスキーが先頭に立つと外からサンダースノーが並びかけ、馬体を併せた長い競り合いは最後にサンダースノーが僅かに出たところがゴールでした。勝ちタイムは2:03.87で鞍上はクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手。ハナ差の2着にグロンコウスキー、道中最後方から直線で大外に持ち出したガンナヴェラが伸びを見せてゴール前で2-3/4馬身差の3着に上がり、4コーナーで前から離れた4番手に上がっていたパヴェルが差を詰められず1/2馬身差の4着、直線で馬群の間を割ると最後は内を伸びたオーディブルが短頭差の5着に入り、ヨシダは直線で伸びを欠いて6着、サンダースノーは7着まで下がり、11着にドルコン、キャッペッザーノは4コーナーで下がると最下位の12着でした。

19DXB-161.JPG

19DXB-162.JPG

19DXB-163.JPG

19DXB-164.JPG

19DXB-165.JPG

19DXB-166.JPG

19DXB-167.JPG

19DXB-168.JPG

19DXB-169.JPG

19DXB-170.JPG

19DXB-171.JPG

19DXB-173.JPG

19DXB-175.JPG

19DXB-174.JPG


最近投稿された記事

出馬表

結果

追加・更新記事

バックナンバー

その他のレース