文字サイズ

文字サイズとは?



2019 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

パヴェル

 ドバイワールドカップの本馬場入場のパヴェルPavelです。アメリカ調教の5歳牡馬で通算成績は14戦3勝です。一昨年の7月にデビューし、9月にパークスParx競馬場のスマーティージョーンズSSmarty Jones Stakes (Grade 3) を勝利すると、10月にはベルモントパークBelmont Park競馬場のジョッキークラブゴールドカップSJockey Club Gold Cup Stakes (Grade 1) でディヴァーシファイDiversifyに1、3/4馬身差の3着に入りました。デルマーDel Mar競馬場のBCクラシックBreeders' Cup Classic (Grade 1) への挑戦はガンランナーGun Runnerの10着に終わり、12月サンタアニタSanta Anita競馬場のマリブSMalibu Stakes (Grade 1) はシティオブライトCity of Lightの4着でした。昨年のドバイワールドカップDubai World Cup (Group 1) にも出走しており、先行グループから直線で踏ん張ってサンダースノーThunder Snowの4着に入っています。5月のゴールドカップアットサンタアニタSGold Cup at Santa Anita Stakes (Grade 1) はアクセラレートAccelerateの4着に終わりますが、続くチャーチルダウンズChurchill Downs競馬場のスティーヴンフォスターHStephen Foster Handicap (Grade 1) でオナラブルデューティHonorable Dutyに3-3/4馬身差を付けて初G1タイトルを獲得しました。8月にはデルマー競馬場のパシフィッククラシックSPacific Classic Stakes (Grade 1) でアクセラレートに12-1/2馬身差を付けられたものの2着に入り、チャーチルダウンズ競馬場のBCクラシックはアクセラレートの10着、中京Chukyo競馬場のチャンピオンズカップChampions Cup (Grade 1) に転戦したもののルヴァンスレーヴLe Vent se Leveの15着に敗退しました。前走は2月にサンタアニタ競馬場のサンパスカルSSan Pasqual Stakes (Grade 2) で5番手を進むと直線で前から離されてバトルオブミッドウェイBattle of Midwayの4着でした。鞍上は同馬と初コンビとなるジョエル・ロザリオJoel Rosario騎手です。

19DXB-179.JPG


最近投稿された記事

出馬表

結果

追加・更新記事

バックナンバー

その他のレース