文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2019 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

2019 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

オールドペルシアン

 ドバイシーマクラシックを優勝したオールドペルシアンOld Persianです。4番手の内に付けてレースを進め、3コーナーから3番手の内の囲まれて狭いところを進んだものの、直線を向くところで2番手のマジックワンドの外に上手く持ち出して進路を確保し、直線残り300mで先頭に立って突き放すと、ゴール前で日本馬2頭の追撃を振り切って優勝しました。

19DXB-218.JPG

19DXB-219.JPG

19DXB-220.JPG

19DXB-221.JPG

19DXB-224.JPG

19DXB-222.JPG

19DXB-225.JPG

19DXB-223.JPG

シュヴァルグラン

 ドバイシーマクラシックのレース後のシュヴァルグランCheval Grandです。最内枠からのスタートで寄られて後方3番手の内の位置取りとなり、4コーナーで外に持ち出して直線を向くと伸びを見せたものの、残り100mから前との差は詰まらないまま2着でゴールしました。鞍上はヒュー・ボウマンHugh Bowman騎手です。

19DXB-192.JPG

レイデオロ

 ドバイシーマクラシックのレース後のレイデオロRey de Oroです。スタート後に前に出ると1コーナーでマジックワンドの外に並び、2コーナーで内に入って単独先頭となると楽なペースでの逃げとなりましたが、直線残り350mで外から交わされると一気に下がって6着でゴールしました。鞍上はクリストフ・ルメールChristophe Lemaire騎手です。

19DXB-180.JPG

ドバイシーマクラシック

 8レースに2410m芝のドバイシーマクラシックDubai Sheema Classic (Group 1) が行われました。スタート後にマジックワンドMagic Wandがハナに立ったもののレイデオロRey de Oroが1コーナーでハナを奪い、3番手の外にハンティングホーンHunting Horn、内にオールドペルシアンOld Persian、その後ろにレーシングヒストリーRacing Historyが続き、後方の内にシュヴァルグランCheval Grand、外にスワーヴリチャードSuave Richard、離れた最後方からデザートエンカウンターDesert Encounterという隊列になりました。逃げるレイデオロは2コーナーで後続をやや離したものの3コーナーで外からマジックワンドに並びかけられ、シュヴァルグランは位置取りを上げ、スワーヴリチャードは最後方に下がって直線へ。残り400mでレイデオロが交わされるとマジックワンドの外からオールドペルシアンが素早く抜け出して先頭に立ち、直線を向いて外に出したスワーヴリチャードと馬群の間を突いたシュヴァルグランが鋭い伸びを見せて他馬を置き去りにしますが前との差は詰まらず、オールドペルシアンが振り切って優勝しました。勝ちタイムは2:27.17で鞍上はウィリアム・ビュイックWilliam Buick騎手1-1/2馬身差の2着にシュヴァルグラン、1/2馬身差の3着にスワーヴリチャードが入り、8-1/4馬身離されて4着にハンティングホーン、ハナ差の5着にマジックワンド、レイデオロは2-1/4馬身差の6着に敗退しました。

19DXB-155.JPG

19DXB-156.JPG

19DXB-157.JPG

19DXB-158.JPG

19DXB-159.JPG

19DXB-160.JPG

【速報版】8レース・ドバイシーマクラシック(G1 芝2410m)

8レース Dubai Sheema Classic(ドバイシーマクラシックG1 芝2410m)
日本からはスワーヴリチャード(牡5歳 栗東・庄野靖志厩舎 モレイラ騎手)
レイデオロ(牡5歳 美浦・藤沢和雄厩舎 ルメール騎手)
シュヴァルグラン(牡7歳 栗東・友道康夫厩舎 ボウマン騎手)
が出走。
レイデオロが逃げるも直線で捕まると抜け出したオールドペルシアンにシュヴァルグランとスワーヴリチャードが詰め寄るも2・3着まででビュイック騎手は3勝目!
SO1_0409.JPG
SO1_0437.JPG
SO1_0457.JPG
SO1_0476.JPG
SO2_9739.JPG
SO1_3493.JPG
SO2_9778.JPG
シュヴァルグラン2着
SO1_0178.JPG
スワーヴリチャード3着
SO1_0225.JPG
レイデオロ6着
SO1_0316.JPG

デザートエンカウンター

 ドバイシーマクラシックの本馬場入場でのデザートエンカウンターDesert Encounterです。鞍上はジム・クローリーJim Crowley騎手です。

19DXB-190.JPG

19DXB-191.JPG

スワーヴリチャード

 ドバイシーマクラシックの本馬場入場、輪乗りでのスワーヴリチャードSuave Richardです。鞍上はジョアン・モレイラJoao Moreira騎手です。

19DXB-099.JPG

19DXB-100.JPG

19DXB-101.JPG

レイデオロ

 ドバイシーマクラシックのパドック、本馬場入場、輪乗りでのレイデオロRey de Oroです。鞍上はクリストフ・ルメールChristophe Lemaire騎手です。

19DXB-189.JPG

19DXB-072.JPG

19DXB-097.JPG

19DXB-098.JPG

19DXB-073.JPG

19DXB-102.JPG

マジックワンド

 ドバイシーマクラシックの本馬場入場、輪乗りでのマジックワンドMagic Wandです。愛エイダン・オブライエンAidan O'Brien師の管理するガリレオGalileo産駒の4歳牝馬で、通算成績は11戦2勝です。一昨年10月にレパーズタウンLeopardstown競馬場でデビューし7着でした。昨年5月に英チェスターChester競馬場で行われたリステッド競走で初勝利を挙げると、英オークスOaks (Group 1) に出走しフォーエヴァートゥギャザーForever Togetherの4着に入りました。ロイヤルアスコットのリブルスデールSRibblesdale Stakes (Group 2) で重賞初勝利とすると、愛オークスIrish Oaks (Group 1) に転戦しますがシーオブクラスSea of Classの5着、8月のヨークシャーオークスYorkshire Oaks (Group 1) でもシーオブクラスの5着に終わっています。9月には仏ロンシャンLongchamp競馬場のヴェルメイユ賞Prix Vermeille (Group 1) で後方3番手から直線を向いて抜け出したものの、ゴール前で外からカイトサーフKitesurfに交わされてアタマ差の2着となり、オペラ賞Prix de l'Opera (Group 1) でも後方3番手から直線で最内を突いて鋭く伸びたもののワイルドイリュージョンWild Illusionに1馬身差の2着でした。11月には米チャーチルダウンズ競馬場のBCフィリー&メアターフBreeders' Cup Filly & Mare Turf (Grade 1) に参戦し、2番手を進むと直線を向いて交わされてシスターチャーリーSistercharlieの4着となっています。前走は米ガルフストリームパークGulfstream Park競馬場のペガサスワールドカップターフPegasus World Cup Turf Invitational Stakes (Grade 1) で4番手の内に付けると3コーナーで後方まで下がりますが、直線で馬群の隙間を伸びてブリックスアンドモルタルBricks and Mortarに2-1/2馬身差の2着に入りました。鞍上はライアン・ムーアRyan Moore騎手です。

19DXB-216.JPG

19DXB-217.JPG

オールドペルシアン

 ドバイシーマクラシックの本馬場入場、輪乗りでのオールドペルシアンOld Persianです。UAE調教チャーリー・アップルビーCharlie Appleby師の管理するドバウィDubawi産駒の4歳牡馬で通算成績は12戦7勝です。17年8月に英ニューマーケットNewmarket競馬場でデビューし、2戦目で初勝利を挙げました。昨年ロイヤルアスコットのキングエドワード7世SKing Edward VII Stakes (Group 2) で重賞初出走ながらロストロポーヴィチRostropovichに1-3/4馬身差を付けて優勝すると、愛ダービーIrish Derby (Group 1) に転戦してラトローブLatrobeの6着でした。8月には英ヨークYork競馬場のグレートヴォルティジュールSGreat Voltigeur Stakes (Group 2) で2番手から先に抜け出すとクロスカウンターCross Counterをアタマ差凌いで勝利し、英セントレジャーSt Leger Stakes (Group 1) に駒を進めますがキューガーデンズKew Gardensの5着でした。今年はメイダンで1戦しており、前走のドバイシティオブゴールドDubai City of Gold (Group 2) では3番手の内から4コーナーで位置取りを下げると直線残り200mまで前が塞がり抜け出せず、そこから鋭く伸びてレーシングヒストリーRacing Historyに短頭差で勝利しています。鞍上はウィリアム・ビュイックWilliam Buick騎手です。

19DXB-184.JPG

19DXB-185.JPG


最近投稿された記事

出馬表

結果

追加・更新記事

バックナンバー

その他のレース