文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2019 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

2019 ドバイ ワールドカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

ブレイブスマッシュ

 アルクオーツスプリントのパドック、本馬場入場でのブレイブスマッシュBrave Smashです。鞍上はヒュー・ボウマンHugh Bowman騎手です。

19DXB-082.JPG

19DXB-086.JPG

19DXB-088.JPG

サンズオブマリ

 アルクオーツスプリントの本馬場入場のサンズオブマリSands of Maliです。鞍上はオイシン・マーフィーOisin Murphy騎手です。

19DXB-085.JPG

19DXB-087.JPG

ストーミーリベラル

 アルクオーツスプリントのパドックでのストーミーリベラルStormy Liberalです。鞍上はジョエル・ロザリオJoel Rosario騎手です。

19DXB-084.JPG

ヒュー・ボウマン騎手

 アルクオーツスプリントのパドックでのヒュー・ボウマンHugh Bowman騎手です。

19DXB-056.JPG

19DXB-080.JPG

サンズオブマリ関係者

 アルクオーツスプリントのパドックでのサンズオブマリSands of Mali関係者です。

19DXB-055.JPG

オイシン・マーフィー騎手

 アルクオーツスプリントのパドックでのオイシン・マーフィーOisin Murphy騎手です。

19DXB-054.JPG

19DXB-081.JPG

ジム・クローリー騎手

 アルクオーツスプリントのパドックでのジム・クローリーJim Crowley騎手です。

19DXB-053.JPG

ライアン・ムーア騎手

 アルクオーツスプリントのパドックでのライアン・ムーアRyan Moore騎手です。

19DXB-079.JPG

ドバイゴールドカップ

 3レースに3200m芝のドバイゴールドカップDubai Gold Cup (Group 2) が行われました。スタート後にレッドガリレオRed Galileoがハナに立ち、プリンスオブアランPrince of Arranが2番手の外、クロスカウンターCross Counter、内にマリナレスコMarinarescoと好位に付け、中団にコールザウインドCall The Wind、後方にシャーパロSharpalo、内にイスポリニIspolini、外にチームトークTeam Talk、後方2番手にゴールドマウントGold Mount、最後方からプラチナウォーリアPlatinum Warriorという隊列になりました。2コーナーで後方からチームトークが3番手の外まで上がりますが3コーナーで一杯となり、逃げたレッドガリレオも手応えが怪しくなったものの2番手のプリンスオブアランが先に下がって直線へ。クロスカウンターがレッドガリレオに並びかけるとレッドガリレオも踏ん張って3番手以下は離され、残り100mでクロスカウンターが前に出て優勝しました。勝ちタイムは3:19.00で鞍上はウィリアム・ビュイックWilliam Buick騎手。1-1/4馬身差の2着にイスポリニが残り、残り300mで単独3番手に上がったコールザウインドは前との差が詰まらず3馬身差の3着、後方2番手から直線で伸びを見せたゴールドマウントが4馬身差の4着でした。

19DXB-111.JPG

19DXB-112.JPG

19DXB-113.JPG

19DXB-114.JPG

19DXB-115.JPG

19DXB-116.JPG

19DXB-117.JPG

19DXB-118.JPG

19DXB-119.JPG

【速報版】3レース・ドバイゴールドカップ(G2 芝3200m)

3レース Dubai Gold Cup(ドバイゴールドカップG2 芝3200m)はビュイック騎乗のクロスカウンターが優勝
SO1_8446.JPG
SO1_8463.JPG
SO1_8470.JPG
SO1_8488.JPG
SO1_8524.JPG
SO1_8547.JPG


最近投稿された記事

出馬表

結果

追加・更新記事

バックナンバー

その他のレース