文字サイズ

文字サイズとは?



2019 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

マルセルブーサック賞

 1レースに2歳牝1600mのマルセルブーサック賞Prix Marcel Boussac (Group 1) が行われました。マリエータMarietaがハナに立ち、2番手の外にバイオニックウーマンBionic Woman、内にプレシャテルPlegastell、3馬身開いてフライティレディーFlighty Ladyが続き、中団の内にサヴァランSavarin、外にアルビグナAlbigna、後方の中にヌンジアNunzia、内にフィーヒストリクFee Historique、外の最後方からケンロヴァKenlovaという隊列になりました。後方で終始折り合いを欠いていたヌンジアが3コーナーで一気に進出するとフォルスストレートでは逃げるマリエータに並びかけましたがすぐに失速して直線へ。マリエータがスパートすると3馬身のリードを取り、2番手にプレシャテルとバイオニックウーマンが踏ん張り、サヴァランは最内を狙いますが伸びはなく、残り300mでフライティレディーが内に切れ込んでサヴァランの前に入ると外からアルビグナも伸びて2番手は4頭が横一線となり、外のアルビグナがさらに伸びると残り50mで先頭に立って優勝しました。勝ちタイムは1:41.26で鞍上はシェーン・フォーリーShane Foley騎手、2-1/2馬身差の2着にマリエータが残り、1/2馬身差の3着に内を突いたフライティレディー、1-1/2馬身差の4着にバイオニックウーマン、1馬身差の5着にプレシャテル、サヴァランは7着に敗退しました。

19FR-111.JPG

19FR-112.JPG

19FR-113.JPG

19FR-114.JPG

19FR-115.JPG

19FR-116.JPG

19FR-117.JPG

19FR-118.JPG

19FR-119.JPG

19FR-120.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2017 レース概要

バックナンバー

その他のレース