文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2019香港チャンピオンズデー現地取材レポート

2019香港チャンピオンズデー現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

松岡正海騎手

 クイーンエリザベス2世カップの表彰式後にインタビューに応じる松岡正海Masami Matsuoka騎手です。

19HKApr-100.JPG

表彰式

 クイーンエリザベス2世カップの表彰式です。

19HKApr-96.JPG

19HKApr-97.JPG

19HKApr-98.JPG

19HKApr-99.JPG

松岡正海騎手

 クイーンエリザベス2世カップの表彰式の松岡正海Masami Matsuoka騎手です。

19HKApr-93.JPG

19HKApr-94.JPG

畠山吉宏調教師

 クイーンエリザベス2世カップの表彰式の畠山吉宏Yoshihiro Hatakeyama調教師です。

19HKApr-92.JPG

19HKApr-95.JPG

ウインブライト

 クイーンエリザベス2世カップを優勝したウインブライトWin Brightです。スタートで若干遅れたもののすぐに中団の内に付け、向正面で5番手の内となり、直線を向いた時には前に3頭いて外のフローレに蓋をされましたが、残り300mでフローレが一杯となると前3頭の外に持ち出して伸びを見せ、残り50mで単独先頭に立つと外から伸びてきた人気の2頭を振り切り優勝しました。当日は時計の出やすい馬場でしたが、勝ちタイムの1:58.81は昨年11月に記録された1:59.30を更新するコースレコードで、過去2000mで行われた同レースで2分を切ったのは今回が初となりました。鞍上は松岡正海Masami Matsuoka騎手です。

19HKApr-59.JPG

19HKApr-60.JPG

19HKApr-61.JPG

19HKApr-62.JPG

19HKApr-70.JPG

19HKApr-71.JPG

19HKApr-72.JPG

19HKApr-63.JPG

19HKApr-73.JPG

19HKApr-64.JPG

19HKApr-65.JPG

19HKApr-66.JPG

19HKApr-74.JPG

19HKApr-67.JPG

19HKApr-75.JPG

19HKApr-68.JPG

19HKApr-76.JPG

19HKApr-69.JPG

リスグラシュー

 クイーンエリザベス2世カップのレース後のリスグラシューLys Gracieuxです。スタート後は中団馬群の中を進み、向正面で後方に下げたものの3コーナーで上がると、4コーナーで外に持ち出してスパートし、残り300mでの伸びは先頭に立つ勢いでしたが、ゴール前で脚色が鈍って3着でした。鞍上はオイシン・マーフィーOisin Murphy騎手です。

19HKApr-58.JPG

クイーンエリザベス2世カップ

 8レースに2000m芝のクイーンエリザベス2世カップQEII Cup (Group 1) が行われました。スタートでパキスタンスターPakistan Starが好スタートを切り、グロリアスフォーエバーGlorious Foreverがハナに立ったものの2コーナーでタイムワープTime Warpが先頭を奪い、3番手の内にパキスタンスター、外にフローレFuroreが付け、その後ろにワイククWaikuku、内にウインブライトWin Bright、中にダークドリームDark Dreamが並び、中団の外にエミネントEminent、内にディノーゾDinozzo、中にリスグラシューLys Gracieuxと続き、後方3番手にディアドラDeirdre、3馬身離れてエグザルタントExultant、さらに3馬身離れた最後方からイーグルウェイEagle Wayという隊列になりました。タイムワープは向正面半ばで3馬身のリードを取ったものの3コーナーで差は無くなり、リスグラシューとエクザルタント外を通って押し上げて直線へ。残り300mでタームワープをパキスタンスターとグロリアスフォーエバーが競り合いながら交わし、その後ろを進んだウインブライトの進路が開いてスパートするとグロリアスフォーエヴァーの外から並びかけ、外からリスグラシューとエグザルタントが併せながら鋭く伸びてきたものの、残り50mで先頭に立ったウインブライトが外の2頭を振り切って優勝しました。勝ちタイムはレコードとなる1:58.81で鞍上は松岡正海Masami Matsuoka騎手、3/4馬身差の2着にエグザルタント、クビ差の3着にリスグラシューが入り、3/4馬身差の4着にグロリアスフォーエバー、クビ差の5着にパキスタンスター、直線でリスグラシューの後ろを通ったディアドラは突き放されて2-1/4馬身差の6着でした。

19HKApr-13.JPG

19HKApr-14.JPG

19HKApr-15.JPG

19HKApr-16.JPG

19HKApr-17.JPG

19HKApr-18.JPG

19HKApr-19.JPG

19HKApr-20.JPG

19HKApr-21.JPG

19HKApr-40.JPG

19HKApr-41.JPG

【速報版】8レース クイーンエリザベス2世カップ(芝2000m G1)

8レース クイーンエリザベス2世カップ(芝2000m G1)
日本馬はディアドラ(牝5歳 栗東・橋田満厩舎)、リスグラシュー(牝5歳 栗東・矢作芳人厩舎)、ウインブライト(牡5歳 美浦・畠山吉宏厩舎)が出走。
道中中団待機から最後は馬群を割って松岡騎乗のウインブライトがエグザルタントを3/4馬身離して優勝。
3着にリスグラシュー、6着にディアドラが入った。
SO1_1110.JPG
SO1_1146.JPG
SO1_1164.JPG
SO1_1171.JPG
SO2_7134.JPG
SO1_1411.JPG
SO2_7219.JPG
SO2_7280.JPG
SO1_1570.JPG
SO1_1782.JPG
SO1_1890.JPG
SO1_1996.JPG
SO2_7452.JPG
SO2_7548.JPG
SO2_7009.JPG
SO2_7051.JPG

ディアドラ

 クイーンエリザベス2世カップの本馬場入場のディアドラDeirdreです。鞍上は武豊Yutaka Take騎手です。

19HKApr-53.JPG

19HKApr-56.JPG

19HKApr-57.JPG

19HKApr-54.JPG

リスグラシュー

 クイーンエリザベス2世カップの本馬場入場のリスグラシューLys Gracieuxです。鞍上はオイシン・マーフィーOisin Murphy騎手です。

19HKApr-51.JPG

19HKApr-52.JPG

19HKApr-55.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

バックナンバー

その他のレース