文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2021サウジカップデイ 現地取材レポート

2021サウジカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

マックスプレイヤー

 サウジカップの本馬場入場のマックスプレイヤーMax Playerです。鞍上はミカエル・バルザローナMickael Barzalona騎手です。

21SUD-112.JPG

21SUD-113.JPG

グレイトスコット

 サウジカップの本馬場入場のグレイトスコットGreat Scotです。サウジアラビア調教の5歳騸馬で通算成績は15戦7勝です。18年6月に英チェスターChester競馬場でのデビューを勝利し、10月には英ドンカスターDoncaster競馬場のフューチュリティトロフィーSFuturity Trophy Stakes (Group 1) でマグナグリーシアMagna Greciaの5着に入りました。19年の3歳時は英2000ギニー2000 Guineas Stakes (Group 1) でマグナグリーシアの9着、独2000ギニーのメールミュルヘンスレネンMehl-Mulhens-Rennen (Group 2) でフォックスチャンピオンFox Championの3着などの戦績があり、9月にヘイトックパークHaydock Park競馬場のスーペリアマイルSSuperior Mile Stakes (Group 3) を優勝し、11戦4勝の戦績でサウジアラビアに移籍しました。昨年のサウジカップSaudi Cup はマキシマムセキュリティMaximum Securityの11着に終わりましたが、今期は3連勝中で、前走のキングファイサルビンアブドゥルアジーズカップKing Faisal bin Abdulaziz Cup (L Group 1) では先行グループの内から直線を向いて先頭に立ち4馬身差を付けて勝利しました。鞍上は前走からコンビを組むアデル・アルフォライディAdel Alfouraidi騎手です。

21SUD-108.JPG

21SUD-109.JPG

チュウワウィザード

 サウジカップの返し馬のチュウワウィザードChuwa Wizardです。鞍上は戸崎圭太Keita Tosaki騎手です。

21SUD-76.JPG

21SUD-77.JPG

21SUD-78.JPG

シャーラタン

 サウジカップの本馬場入場のシャーラタンCharlatanです。鞍上はマイク・スミスMike Smith騎手です。

21SUD-75.JPG

コパノキッキング

 リヤドダートスプリントを優勝したコパノキッキングCopano Kickingです。スタート後にゆっくり下げると後方馬群の中を進み、直線で外に持ち出してスパートすると鋭い伸びを見せてみるみると差を詰めて、ゴール前で1/4馬身差交わして優勝しました。馬の能力を存分に引き出した鞍上のウィリアム・ビュイックWilliam Buick騎手の手腕が光る勝利でした。

21SUD-118.JPG

21SUD-119.JPG

21SUD-120.JPG

ジャスティン

 リヤドダートスプリントのレース後のジャスティンJustinです。出遅れた上に直線で不利を受けて能力を発揮できず、6着に終わりました。鞍上は坂井瑠星Ryusei Sakai騎手です。

21SUD-69.JPG

マテラスカイ

 リヤドダートスプリントのレース後のマテラスカイMatera Skyです。昨年に続き、直線先頭からゴール前まで踏ん張りましたが、今年も僅かに交わされて2着でした。鞍上は戸崎圭太Keita Tosaki騎手です。

21SUD-70.JPG

リヤドダートスプリント

 7レースに1200mダートのリヤドダートスプリントRiyadh Dirt Sprint がラジーアラーRajee Allah取消しの13頭立てで行われました。なお、ニューヨークセントラルNew York Centralはジョン・ヴェラスケスJohn Velazquez騎手が渡航不可となったためランフランコ・デットーリFrankie Dettori騎手に変更となりました。 ジャスティンJustinが出遅れて最後方からとなり、マテラスカイMatera Skyも良いスタートではなかったものの3コーナー手前までにハナに立ち、ラーエドRaaedが外から並びかけての2番手、3番手の内にスイッツァランドSwitzerland、外にローマンリバーRoman River、後ろにブラッドザブリーフBrad The Brief、外にメイポールMaypole、ラーコスRaucous、好スタートを切ったニューヨークセントラルは内に控え、オクステッドOxted、ジャスティン、ハリーズバーHarry's Barと一団となり、コパノキッキングCopano Kickingは下げて後方2番手、離れた最後方からファッザーFaz Zaeという隊列になりました。4コーナーでマテラスカイがペースを上げるとスイッツァランドとラーエドが付いていき、その後ろが離されて直線へ。残り200mでラーエドが脱落するとスイッツァランドも脚色が鈍り、マテラスカイが差を広げにかかりましたが、4コーナーで後方3番手だったコパノキッキングが鋭い伸びを見せ、残り100mで射程圏に捉えるとゴール前できっちり交わして優勝しました。勝ちタイムは1:10.66で鞍上はウィリアム・ビュイックWilliam Buick騎手。1/4馬身差の2着にマテラスカイ、道中離れた最後方から残り200mでも後方だったファッザーがゴール前で鋭く伸びて3-1/2馬身差の3着に上がり、スイッツァランドはアタマ差の4着、メイポールが2馬身差の5着、ジャスティンは得意の競馬ができなかった上に直線でオクステッドが外に持ち出すときに挟まれて失速し、クビ差の6着でした。

21SUD-50.JPG

21SUD-51.JPG

21SUD-52.JPG

21SUD-53.JPG

21SUD-54.JPG

21SUD-55.JPG

21SUD-56.JPG

21SUD-57.JPG

【速報版】7R サウジアラビアエアライン・リヤドダートスプリント(ダート1200m)

7R サウジアラビアエアライン・リヤドダートスプリント(ダート1200m)
日本からコパノキッキング(セ6歳・村山)マテラスカイ(牡7歳・森)ジャスティン(牡5歳・矢作)が出走
マテラスカイが軽快に逃げて押し切りを狙う外から鋭く伸びたコパノキッキングが差し切り勝ち、マテラスカイは昨年と同じ2着、ジャスティンは6着でゴール
SO1_8323.JPG
SO1_8342.JPG
SO1_8352.JPG
SO1_8369.JPG
SO1_8386.JPG
SO1_8475.JPG
SO1_8519.JPG

マテラスカイ
SO1_8235.JPG

ジャスティンSO1_8009.JPG

マテラスカイ

 リヤドダートスプリントのパドック、返し馬のマテラスカイMatera Skyです。鞍上は戸崎圭太Keita Tosaki騎手です。

21SUD-114.JPG

21SUD-115.JPG

21SUD-117.JPG

21SUD-72.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

バックナンバー

その他のレース