文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2021サウジカップデイ 現地取材レポート

2021サウジカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

コパノキッキング

 リヤドダートスプリントのパドック、返し馬のコパノキッキングCopano Kickingです。鞍上はウィリアム・ビュイックWilliam Buick騎手です。

21SUD-73.JPG

21SUD-116.JPG

21SUD-71.JPG

ジャスティン

 リヤドダートスプリントのパドックでのジャスティンJustinです。

21SUD-74.JPG

ピンクカメハメハ

 サウジダービーを優勝したピンクカメハメハPink Kamehamehaです。先行グループの外に付けると4コーナーで先頭に並びかけ、直線半ばで単独先頭に立ってそのまま押し切り優勝しました。これまで芝での戦績しかなくダートは未知数でしたが、見事な好適性があっての優勝と言えるでしょう。鞍上は戸崎圭太Keita Tosaki騎手です。

21SUD-127.JPG

21SUD-129.JPG

21SUD-128.JPG

サウジダービー

 6レースに3歳1600mダートのサウジダービーSaudi Derby がエンブレムロードEmblem Road取り消しの12頭立てで行われました。なお、コワンCowanに騎乗予定のウンベルト・リスポリUmberto Rispoli騎手が渡航不可となったため、ピンクカメハメハPink Kamehameha騎乗予定のジョエル・ロザリオJoel Rosario騎手がコワンに、ピンクカメハメハは戸崎圭太Keita Tosaki騎手へと変更になりました。内を通ってメシャケルMeshakelがハナに立ち、ソフトウィスパーSoft Whisperが2番手、外から並びかけてピンクカメハメハが3番手に付け、その後ろにニュートレジャーNew Treasure、内にラウンドシックスRound Six、外にアルバドリAlbadri、中団の内にオメリヤンHomeryan、外にレベルスロマンスRebel's Romance、 ハトムHatm、マグブーターMagbootahと続き、離れた後方2番手からコワン、大きく離れた最後方からシビルラータムShibl Lat'taamという隊列になりました。3コーナーで外を周ったアルバドリが下がっていき、4コーナーでは逃げたメシャケルも一杯となって直線へ。先頭のソフトウィスパーを残り200mでピンクカメハメハが交わして先頭に立ち、ニュートレジャーとレベルスロマンスが競りながら前を追いますが、道中後方2番手にいたコワンが4コーナーからスパートすると直線で鋭い伸びを見せ、残り100mでニュートレジャーが単独2番手、コワンが3番手となり、コワンがその勢いで先頭に並びかけましたが、ピンクカメハメハが振り切って優勝しました。勝ちタイムは1:38.57で鞍上は戸崎圭太騎手。3/4馬身差の2着にコワン、クビ差の3着にニュートレジャー、ゴール前で伸びを欠いてレベルスロマンスは3-1/4馬身差の4着、1/2馬身差の5着にソフトウィスパーでした。

21SUD-42.JPG

21SUD-43.JPG

21SUD-44.JPG

21SUD-45.JPG

21SUD-46.JPG

21SUD-47.JPG

21SUD-48.JPG

21SUD-49.JPG

【速報版】6R アルラジバンク・サウジダービー(ダート1600m)

6R アルラジバンク・サウジダービー(ダート1600m)
日本からピンクカメハメハ(牡3歳・森)が出走、直前で戸崎騎手に乗り替わり、好位追走から直線で先頭に立つと最後まで先頭を譲らず、森厩舎2年連続のサウジダービー制覇
210220Saudi06OK028.JPG
210220Saudi06OK029.JPG
210220Saudi06OK030.JPG
210220Saudi06OK031.JPG
210220Saudi06OK032.JPG
210220Saudi06OK033.JPG

ソフトウィスパー

 サウジダービーの返し馬のソフトウィスパーSoft Whisperです。首サイード・ビン・スルールSaeed bin Suroor師の管理する3歳牝馬で、通算成績は6戦4勝です。昨年7月に英ソールズベリーSalisbury競馬場でデビューし2着、3戦目で初勝利を挙げると4戦2勝でドバイに移動しました。前々走のUAE1000ギニートライアルUAE 1000 Guineas Trial を勝利すると、前走のUAE1000ギニーUAE 1000 Guineas では2番手から4コーナーで先頭に立ち、直線は持ったままでムナセクMnasekに7馬身差を付けて優勝しました。鞍上は同馬に初騎乗となるマイク・スミスMike Smith騎手です。

21SUD-125.JPG

21SUD-126.JPG

レベルスロマンス

 サウジダービーのパドック、返し馬のレベルスロマンスRebel's Romanceです。首チャーリー・アップルビーCharlie Appleby師の管理する3歳牡馬で通算成績は3戦3勝です。イギリスのAWコースで2戦2勝とし、前走はメイダンMeydan競馬場のUAE2000ギニートライアルUAE 2000 Guineas Trial で中団の外を進むと直線で伸びてムーヒーブMouheebをアタマ差退けて勝利しました。鞍上はデビュー戦から手綱を取るウィリアム・ビュイックWilliam Buick騎手です。

21SUD-138.JPG

21SUD-123.JPG

21SUD-124.JPG

ピンクカメハメハ

 サウジダービーのパドック、返し馬でのピンクカメハメハPink Kamehamehaです。鞍上は戸崎圭太Keita Tosaki騎手です。

21SUD-148.JPG

21SUD-90.JPG

21SUD-91.JPG

メシャケル

 サウジダービーの返し馬のメシャケルMeshakelです。UAE調教の3歳牡馬で通算成績は6戦1勝です。昨年イギリスでデビューし、3戦未勝利の戦績でUAEのサーレム・ビン・ガデイヤーSalem bin Ghadayer厩舎に転厩しました。前々走のメイダンMeydan競馬場で初勝利を挙げると、前走はUAE2000ギニーUAE 2000 Guineas (Group 3) に出走し、 逃げて直線で突き放したもののゴール前でムーヒーブMouheebにクビ差交わされての2着でした。鞍上は前走に続いてのコンビとなるミカエル・バルザローナMickael Barzalona騎手です。

21SUD-121.JPG

21SUD-122.JPG

オメリヤン

 サウジダービーのパドック、返し馬のオメリヤンHomeryanです。鞍上はクリスチャン・デムーロCristian Demuro騎手です。

21SUD-143.JPG

21SUD-141.JPG

21SUD-140.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

バックナンバー

その他のレース