文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2022サウジカップデイ 現地取材レポート

2022サウジカップデイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

サウジカップ

 8Rに1800mダートのサウジカップSaudi Cup (Group 1) が行われました。エンブレムロードEmblem RoadとメイキングミラクルズMaking Miraclesが出遅れて後方からとなり、シークレットアンビションSecret Ambitionがハナに立つと2番手の外にアートコレクターArt Collectorが付け、その後ろにマンダルーンMandaloun、カントリーグラマーCountry Grammer、ミッドナイトバーボンMidnight Bourbon、外にミシュリフMishriffとなり、2馬身開いてリアルワールドReal World、マルシュロレーヌMarche Lorraine、メイキングミラクルズ、その後ろにテーオーケインズT O Keynes、内にアエロトレムAero Trem、シリウェイSealiway、エンブレムロード、最後方からマニークールMagny Coursという隊列になりました。3コーナーで早くもミシュリフの手応えが無くなって下がっていくと、マルシュロレーヌがやや押し上げ、外からメイキングミラクルズとエンブレムロードが捲って上がっていき直線へ。逃げるシークレットアンビションを残り300で離れた外からカントリーグラマーとミッドナイトバーボンが競りながら交わして先頭に立つと、長い競り合いから内のカントリーグラマーがやや出ますが、大外からエンブレムロードが鋭い末脚で強襲して残り100mで並びかけ、残り50mで先頭に立ち優勝しました。勝ちタイムは1:50.52で鞍上はウィグベルト・ラモスWigberto Ramos騎手。1/2馬身差の2着にカントリーグラマー、1-1/2馬身差の3着にミッドナイトバーボン、捲って直線でも伸びたメイキングミラクルズが3馬身差の4着、後方の内から直線を向いて大外に持ち出したアエロトレムが伸びて1-1/4馬身差の5着に入り、マルシュロレーヌは直線で内目を通ったものの6-1/2馬身離されての6着、テーオーケインズ8着、マンダルーン9着、リアルワールド11着、シリウェイ13着、ミシュリフ14着でした。

22SUD-223.JPG

22SUD-224.JPG

22SUD-225.JPG

22SUD-226.JPG

22SUD-227.JPG

22SUD-228.JPG

22SUD-229.JPG

22SUD-230.JPG

クリストフ・スミヨン騎手

 サウジカップのパドックに向かうクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手です。

22SUD-222.JPG

デビッド・イーガン騎手

 サウジカップのパドックに向かうデビッド・イーガンDavid Egan騎手です。

22SUD-221.JPG

松山弘平騎手

 サウジカップのパドックに向かう松山弘平Kohei Matsuyama騎手です。

22SUD-219.JPG

ランフランコ・デットーリ騎手

 サウジカップのパドックへ向かうランフランコ・デットーリFrankie Dettori騎手です。

22SUD-220.JPG

ダンシングプリンス

 リヤドダートスプリントを優勝したダンシンブプリンスDancing Princeです。スプリント戦ながら、逃げて影も踏ませぬ圧勝劇でした。鞍上はクリストフ・ルメールChristophe Lemaire騎手です。

22SUD-217.JPG

22SUD-218.JPG

リヤドダートスプリント

 7Rは1200mダートのリヤドダートスプリントRiyadh Dirt Sprint (Group 3) が行われました。スタートダッシュからダンシングプリンスDancing Princeがハナに立ち、ルディートリガーRudy Triggerが2番手の外、ビーハイヴBeehiveが間の3番手を進み、4番手の内にグッドエフォートGood Effort、ドルマDolma、グラディエーターキングGladiator King、コパノキッキングCopano Kickingはその後ろの内を進み、ロックサウンドRock Sound、サンセットフラッシュSunset Flash、モルタヘーMortajeh、チェーンオブラブChain of Love、スイッツァランドSwitzerland、最後方からファッザーFaz Zaeという隊列になりました。4コーナーで先頭のダンシングプリンスが引き離しにかかるとビーハイヴは下がり、内からグッドエフォートが2番手に、コパノキッキングもその後の3番手に上がって直線へ。先頭のダンシングプリンスは直線で後続を引き離す一方となり、グッドエフォートも後続に迫られることはなく、コパノキッキングの伸びが鈍る中で後方からチェーンオブラブが3着に上がってゴールしました。ダンシングプリンスの勝ちタイムは1:10.26で鞍上はクリストフ・ルメールChristophe Lemaire騎手、5-3/4馬身差の2着にグッドエフォート、3-3/4馬身差の3着にチェーンオブラブ、1/4馬身差の4着にコパノキッキング、後方馬群から直線で内に進路を取ったサンセットフラッシュが1-1/4馬身差の5着に入り、チェーンオブラブと競り合いながら上がってきたスイッツァランドはクビ差の6着でした。

22SUD-137.JPG

22SUD-138.JPG

22SUD-139.JPG

チェーンオブラブ

 リヤドダートスプリントのパドックでのチェーンオブラブChain of Loveです。鞍上は坂井瑠星Ryusei Sakai騎手です。

22SUD-181.JPG

22SUD-161.JPG

ダンシングプリンス

 リヤドダートスプリントの装鞍、パドックでのダンシングプリンスDancing Princeです。鞍上はクリストフ・ルメールChristophe Lemaire騎手です。

22SUD-180.JPG

22SUD-160.JPG

コパノキッキング

 リヤドダートスプリントの装鞍、パドックでのコパノキッキングCopano Kickingです。鞍上はデビッド・イーガンDavid Egan騎手です。

22SUD-179.JPG

22SUD-182.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

バックナンバー

その他のレース