文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2022 香港国際競走 現地取材レポート

2022 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

閉幕

22HK-356.JPG

22HK-357.JPG

ジョアン・モレイラ騎手

 最終レースで2着となり、香港を去るジョアン・モレイラJoao Moreira騎手です。

22HK-355.JPG

表彰式

 香港カップの表彰式後の記念撮影です。

22HK-353.JPG

ジェームズ・マクドナルド騎手

 香港カップの表彰式のジェームズ・マクドナルドJames McDonald騎手です。

22HK-354.JPG

ロマンチックウォリアー

 香港カップを優勝したロマンチックウォリアーRomantic Warriorです。鞍上はジェームズ・マクドナルドJames McDonald騎手です。

22HK-341.JPG

22HK-346.JPG

22HK-347.JPG

22HK-348.JPG

22HK-342.JPG

22HK-343.JPG

22HK-344.JPG

22HK-345.JPG

22HK-349.JPG

22HK-350.JPG

22HK-352.JPG

ダノンザキッド

 香港カップのレース後のダノンザキッドDanon The Kidです。中団馬群の中を進むと向正面で後方に下げ、直線を向いてロマンチックウォリアーの後ろを伸びてゴール前で2着に上がりました。鞍上は北村友一Yuichi Kitamura騎手です。

22HK-351.JPG

香港カップ

 8レースに2000m芝の香港カップHong Kong Cup (Group 1) が行われました。ロマンチックウォリアーRomantic Warriorが好スタートを切りますが、出負け気味のパンサラッサPanthalassaが外からハナを奪うとその外からカーインスターKa Ying Starがぴったりと2番手に付け、レイパパレLei PapaleとマネーキャッチャーMoney Catcherがそれに続くと3馬身離れた5番手にロマンチックウォリアーとなり、ジャックドールJack d'Or、ロシアンエンペラーRussian Emperor、ジオグリフGeoglyph、ダノンザキッドDanon The Kidまでが中団、2馬身離れてオーダーオブオーストラリアOrder of Australia、サヴィーナインSavvy Nine、最後方からトゥールビヨンダイヤモンドTourbillon Diamondという隊列になりました。3コーナーでジャックドールとジオグリフは内を通って押し上げ、ダノンザキッドは外目を周って直線へ。残り300mでパンサラッサを2番手のカーインスターが交わしますが、満を持してスパートしたロマンチックウォリアーがすぐに抜き去ると、後続を引き離す一方となり優勝しました。勝ちタイムは1:59.70で鞍上はジェームズ・マクドナルドJames McDonald騎手。馬群の間を伸びてきたダノンザキッドが4-1/2馬身差の2着に入り、残り200mで2番手に上がっていたマネーキャッチャーが3/4馬身差の3着、最後方から大外を伸びたトゥールビヨンダイヤモンドが1馬身差の4着、ロシアンエンペラーはハナ差競り負けて5着、直線入り口で外に持ち出すジャックドールに進路をカットされて内目に切り返したジオグリフが6着、ジャックドール7着、残り200mまで最内で踏ん張ったレイパパレは9着、パンサラッサは10着でした。

22HK-244.JPG

22HK-245.JPG

22HK-246.JPG

22HK-247.JPG

22HK-248.JPG

22HK-249.JPG

22HK-250.JPG

22HK-251.JPG

22HK-252.JPG

22HK-253.JPG

22HK-299.jpg

22HK-300.jpg

レイパパレ

 香港カップの本馬場入場のレイパパレLei Papaleです。鞍上はジョアン・モレイラJoao Moreira騎手です。

22HK-274.JPG

ジオグリフ

 香港カップの本馬場入場のジオグリフGeoglyphです。鞍上はウィリアム・ビュイックWilliam Buick騎手です。

22HK-273.JPG

ダノンザキッド

 香港カップの本馬場入場のダノンザキッドDanon The Kidです。鞍上は北村友一Yuichi Kitamura騎手です。

22HK-297.JPG

22HK-271.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

バックナンバー

その他のレース