文字サイズ

文字サイズとは?



2010 アメリカブリーダーズカップ・デイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

ブレイム

 ブリーダーズカップクラシックBreeders' Cup Classic (Grade 1) を優勝したブレイムBlameです。直線で先に抜け出して、ゼニヤッタZenyattaの20連勝をアタマ差で阻止しました。決して敵役ではなく、この馬がいたからこその名勝負でした。ブレイムは4歳牡馬で通算成績は12戦8勝、全て3着以内です。昨年10月のフェイエットSFayette Stakes (Grade 2) で重賞初優勝を果たすと、その後重賞ばかり5連勝します。3走前にスティーヴン・フォスターHStephen Foster Handicap (Grade 1) で初G1を達成すると、前々走のホイットニーHWhitney Handicap (Grade 1) でもクオリティロードQuality Roadをアタマ差退けてG1を連勝。しかし、前走のジョッキークラブゴルドカップSJockey Club Gold Cup Invitational Stakes (Grade 1) ではヘインズフィールドHaynesfieldに4馬身差を付けられて2着に敗退していました。鞍上のギャレット・ゴメスGarrett Gomez騎手は今回のブリーダーズカップ14戦で3勝を挙げ、終わってみればゼニヤッタを阻止するのに最も適任の騎手でもありました。

108a.jpg 109a.jpg 110a.jpg

最新の記事

2010 レース概要

バックナンバー

その他のレース