文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2010 アメリカブリーダーズカップ・デイ 現地取材レポート

2010 アメリカブリーダーズカップ・デイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

アンジップミー

 ブリーダーズカップターフスプリントの本馬場入場のアンジップミーUnzip Meです。通算成績は15戦9勝、芝の短距離G3を3勝しています。前々走でロイヤルノースSRoyal North Stakes (Grade 3)を2馬身差で勝利し、前走のセネターケンマッディーHSenator Ken Maddy Handicap (Grade 3) も11/2馬身差で勝ちました。鞍上はラファエル・ベハラノRafael Bejarano騎手です。

195a.jpg

チャンバーレインブリッジ

 ブリーダーズカップターフスプリントの本馬場入場のチャンバーレインブリッジChamberlain Bridgeです。通算成績は30戦15勝、テビューから全て6ハロン以下の短距離を使われてきました。重賞は昨年5月のターフスプリントSTurf Sprint Stakes (Grade 3) をクビ差で勝利しています。3連勝で挑んだ前走のウッドフォードSWoodford Stakes (Grade 3)はシルヴァーティンバーSilver Timberの4着でした。鞍上はジェイミー・テリオJamie Theriot騎手です。

187a.jpg

ビッグドラマ

 ブリーダーズカップスプリントを優勝したビッグドラマBig Dramaです。逃げ一辺倒という馬ではありませんが、激しい番手争いを尻目に最内枠からゆっくりとハナを奪い、好位グループが苦戦し差し馬が台頭する中でまんまと逃げ切りました。鞍上はエイバー・コアEibar Coa騎手です。

212a.jpg 213a.jpg 214a.jpg 215a.jpg 216a.jpg

アメージングディステニー

 ブリーダーズカップスプリントのレース後のアメージングディステニーHamazing Destinyです。直線は良い脚を使いましたが、先に抜け出していたビッグドラマBig Dramaを脅かすまでには至らず2着でした。鞍上はジョエル・ロザリオJoel Rosario騎手です。

211a.jpg

ブリーダーズカップスプリント

 5レースはダートの6ハロン戦、ブリーダーズカップスプリントBreeders' Cup Sprint (Grade 1) が行われました。スタート後の激しい先行争いからビッグドラマBig Dramaがハナに立ち、キャッシュリファンドCash Refundが2馬身離れて続き、その外にアッタボイロイAtta Boy Roy、内にスマイリングタイガーSmiling Tiger、ジローラモGirolamo、出遅れたパシトザシェPashito The Cheも加わり2番手がほぼ横一線に。 一旦は2番手争いに加わったキンセールキングKinsale Kingはすぐに下げて先行グループの3馬身後ろを追走し、リレイタッカーRiley Tucker、アメージングディステニーHamazing Destinyと続きました。3コーナー手前で2番手争いをしていたジローラモとパシトザシェが脱落し、リレイタッカーが仕掛けて前へ。直線を向くと逃げていたビッグドラマがスパートし、スマイリングタイガーが単独2番手となり前を追いますが差は詰まらず、ビッグドラマが11/2馬身差を付けて優勝しました。中団馬群から4コーナーで大外を回ったアメージングディステニーが直線で伸びて2着に上がり、スマイリングタイガーはクビ差の3着。道中最後方を進んだシュプリームサミットSupreme Summitが直線半ばから一気に突っ込みアタマ差の4着。キンセールキングは直線で前が壁となり7着に敗退しました。

200a.jpg 201a.jpg 202a.jpg 203a.jpg

【速報版】5R Breeders' Cup Sprint

 5レースはBCスプリントBreeders' Cup Sprint(G1)が行われ、直線独走でBig Dreamが優勝しました。鞍上はEibar Coa騎手です。

076a.jpg 077a.jpg

リレイタッカー

ブリーダーズカップスプリントの本馬場入場のリレイタッカーRiley Tuckerです。通算成績は28戦6勝、5月のアリスティデスSAristides Stakes (Grade 3) で重賞初優勝し、前走のヴォスバーSVosburgh Stakes (Grade 1)ではジローラモGirolamoから21/2馬身差の2着でした。鞍上はラモン・ドミンゲスRamon Dominguez騎手です。

210a.jpg

キンセールキング

 ブリーダーズカップスプリントの本馬場入場のキンセールキングKinsale Kingです。通算成績は10戦5勝、3連勝で挑んだ今年のドバイゴールデンシャヒーンDubai Golden Shaheen (Group 1) ではロケットマンRocket Manを1/2馬身差抑えて優勝しました。その後、ロイヤルアスコットのゴールデンジュビリーSGolden Jubilee Stakes (Group 1) に転戦し、スタースパングルドバナーStarspangledbannerから13/4、アタマ差の3着。さらにニューマーケットNewmarketのジュライカップJuly Cup (Group 1) に駒を進めるもののスタースパングルドバナーの12着に敗退しました。ドバイゴールデンシャヒーンまでは全てAWコース、その後の2戦は芝のG1で、アメリカに戻って来たとはいえダート戦は今回が初となります。鞍上はマーティン・ガルシアMartin Garcia騎手です。

209a.jpg

スマイリングタイガー

 ブリーダーズカップスプリントの本馬場入場のスマイリングタイガーSmiling Tigerです。通算成績は9戦5勝、これまでAWを中心に使われており、ダートのレースは今回が初となります。5月の3歳戦ラザロバレラメモリアルSLazaro Barrera Memorial Stakes (Grade 3) で重賞初制覇すると、続くビングクロスビーSBing Crosby Stakes (Grade 1)を逃げて11/2馬身差で優勝しました。前々走の7ハロン戦、パットオブライエンSPat O'Brien Stakes (Grade 1) は3着に終わったものの、6ハロンに戻った前走のエイシェントタイトルSAncient Title Stakes (Grade 1)を1/2馬身差で優勝しています。鞍上は通算勝利数世界一のラッセル・ベイズRussell Baze騎手です。

208a.jpg

ワイズダン

 ブリーダーズカップスプリントの本馬場入場のワイズダンWise Danです。通算成績は4戦3勝、前走のフェニックスSPhoenix Stakes (Grade 3) で1/2馬身差を付けて重賞初勝利しました。これまで4戦中3戦はAWコースでのレースで、唯一のダートは前々走の3歳戦で経験しており31/2馬身差の勝利でした。鞍上はラファエル・ベハラノRafael Bejarano騎手です。

206a.jpg

最新の記事

2010 レース概要

バックナンバー

その他のレース