文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2010 アメリカブリーダーズカップ・デイ 現地取材レポート

2010 アメリカブリーダーズカップ・デイ 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

ジローラモ

 ブリーダーズカップスプリントの本馬場入場のジローラモGirolamoです。通算成績は9戦5勝、昨年はブリーダーズクラシックに出走しゼニヤッタZenyattaの12着でした。その後休養に入り、復帰戦となった今年9月のフォアゴーSForego Stakes (Grade 1)はヒアカムスベンHere Comes Benの5着、前走のヴォスバーSVosburgh Stakes (Grade 1) で21/2馬身差を付けて勝利し、これが初G1タイトルとなりました。 鞍上はアラン・ガルシアAlan Garcia騎手です。

205a.jpg

ビッグドラマ

 ブリーダーズカップスプリントの本馬場入場のビッグドラマBig Dramaです。牡の4歳馬で通算成績は15戦8勝、G3を含む5連勝で臨んだ昨年のスウェイルSSwale Stakes (Grade 2)は1/2馬身差を付けて1着入線したものの2着に降着。続くプリークネスSPreakness Stakes (Grade 1) はレイチェルアレクサンドラRachel Alexandraの5着に入りました。8月のキングスビショップSKing's Bishop Stakes (Grade 1) は6着。その後10ヶ月の休養を挟み、今年は短距離に照準を絞り4戦2勝。3走前にスマイルスプリントHSmile Sprint Handicap (Grade 2) を11/2馬身差で勝利すると、アルフレッドGヴァンダービルトHAlfred G Vanderbilt Handicap (Grade 1) はマジェスティックパーフェクションMajesticperfectionから23/4馬身差の2着、前走のフォアゴーSForego Stakes (Grade 1)はヒアカムスベンHere Comes Benから3/4馬身差の2着でした。鞍上はエイバー・コアEibar Coa騎手です。

204a.jpg

プラック

 ブリーダーズカップジュベナイルターフを優勝したプラックPluckです。道中は終始、離れた最後方を進み、外に持ち出した時には既に直線半ば。そこから一気の差し切りは1頭だけ別格という印象を受けました。今後の活躍にも注目です。

233a.jpg 234a.jpg 235a.jpg

マントバ

 ブリーダーズカップジュベナイルターフのレース後のマントバMantobaです。イギリスのブライアン・ミーハンBrian Meehan師の管理馬で通算3戦2勝。中団の内でレースを進めましたが直線で一杯となり10着に終わりました。鞍上はランフランコ・デットーリFrankie Dettori騎手です。

232a.jpg

ブリーダーズカップジュベナイルターフ

 4レースは2歳芝の8ハロン戦、ブリーダーズカップジュベナイルターフBreeders' Cup Juvenile Turf (Grade 2) が行われました。スタート後に好ダッシュからマッドマンダイアリーズMadman Diariesがハナを奪い、バーンドBannedが2番手、ソルダットSoldatが外の3番手、内にエアサポートAir Support、その後ろにマントバMantobaと続き、1コーナーの手前から外を通ってハンブルアンドハングリーHumble and Hungryが先頭に並びかけました。1コーナーで後方にいたラフセーリングRough Sailingが横滑りして落馬し、最後方にいたプラックPluckがそれを避ける不利があって馬群から5馬身離されました。向正面で4番手だったバーンドが3コーナーから仕掛けると直線で逃げるマッドマンダイアリーに並びかけ、ソルダッドが最内を突いて3頭の争いになるかと思われた時、4コーナーでも離れた最後方にいたプラックが馬群を割って外に持ち出すと鋭く伸びて、あっという間に先頭を奪って優勝しました。勝ちタイムは1:36.98、鞍上はギャレット・ゴメスGarrett Gomez騎手。1馬身差の2着に内のソルダット、中団から最内を伸びたウィルコックスインWillcox Innが11/2馬身差の3着に食い込み、逃げたマッドマンダイアリーがアタマ差4着、バーンドはアタマ差5着でした。

224a.jpg 225a.jpg 226a.jpg 227a.jpg 228a.jpg 229a.jpg 230a.jpg 231a.jpg

【速報版】4R Breeders' Cup Juvenile Turf

 4RのBCジュベナイルターフBreeders' Cup Juvenile Turf(G2)はPluckが大外から一気に差し切り勝利しました。鞍上はGarrett Gomez騎手です。

074a.jpg 075a.jpg

プラック

 ブリーダーズカップジュベナイルターフの本馬場入場のプラックPluckです。通算成績は4戦2勝。3走前の初芝で勝利すると、前々走のコンチネンタルマイルSContinental Mile Stakes では勝ち馬からクビ差の2着に入りますが4着に降着となりました。前走はカナダのウッドバインWoodbine競馬場で行われたサマーSSummer Stakes (Grade 3) に出走し、後方から差し切って優勝しました。鞍上は前走からのコンビとなるギャレット・ゴメスGarrett Gomez騎手です。

223a.jpg

ソルダット

 ブリーダーズカップジュベナイルターフの本馬場入場のソルダットSoldatです。通算成績は4戦1勝2着3回。初芝となった前々走のウイズアンティシペイションSWith Anticipation Stakes (Grade 3) で3馬身差を付けて初勝利を挙げると、前走のピルグリムSPilgrim Stakes (Grade 3) はエアサポートAir Supportから11/2馬身差の2着でした。鞍上は前々走からのコンビとなるアラン・ガルシアAlan Garcia騎手です。

222a.jpg

ウィルコックスイン

 ブリーダーズカップジュベナイルターフの本馬場入場のウィルコックスインWillcox Innです。通算成績は2戦1勝で、2戦共にAWコースのレースでした。デビュー戦を23/4馬身差で勝利すると、ブリーダーズフューチュリティSBreeders' Futurity (Grade 1) は後方から追い込んでジェイビーズサンダーJ. B.'s Thunderから4馬身、ハナ差の3着に入りました。鞍上は初コンビとなるジョン・ヴェラスケスJohn Velazquez騎手です。

221a.jpg

アトリー

 ブリーダーズカップジュベナイルターフの本馬場入場のアトリーUtleyです。イギリスのジョン・ゴスデンJohn Gosden師の管理馬で、通算成績は3戦1勝。前々走で初勝利を挙げると、前走はロンシャンLongchamp競馬場のジャンリュックラガルデール賞(グランクリテリウム)Prix Jean-Luc Lagardere (Grand Criterium) (Group 1) に参戦してウットンバセットWootton Bassettの5着に入りました。鞍上はデビュー戦以来のコンビとなるウィリアム・ビュイックWilliam Buick騎手です。

220a.jpg

最新の記事

2010 レース概要

バックナンバー

その他のレース