文字サイズ

文字サイズとは?



2010 ドバイ スーパーサーズデイ&ワールドカップデイ 現地取材レポート

2010 ドバイ スーパーサーズデイ&ワールドカップデイ 現地取材レポート

最新記事一覧

ロバート・フラッド騎手

 ドバイゴールデンシャヒーンでシンガポールのロケットマンRocket Manに騎乗し2着となったロバート・フラッドRobert Fradd騎手です。南アフリカ出身で、07年よりシンガポールで騎乗しています。以前は香港で騎乗しており、日本ではフェアリーキングプローンで安田記念を優勝した騎手として知られています。

333a.jpg

ローレルゲレイロ

 レース後のローレルゲレイロです。

330a.jpg


331a.jpg


332a.jpg

ドバイゴールデンシャヒーン

 5レースはドバイゴールデンシャヒーンが行われました。スタートがあまり良くなかったローレルゲレイロが押してハナに立ち、スタートダッシュの速かったシンガポールのロケットマンRocket Manが2番手、すぐ外にアメリカのキンセールキングKinsale Kingで内に香港のワンワールドOne Worldという隊列に。3コーナーでローレルゲレイロにキンセールキングが並びかけると、直線を向いて堂々と先頭に立ちました。仕掛けどころでやや離されたロケットマンは直線半ばからじわじわと差を詰めたものの半馬身届かず、キンセールキングが優勝。鞍上はギャレット・ゴメスGarrett Gomez騎手。3着は内を通ったワンワールド、早めに交わされたローレルゲレイロも4着に踏ん張りました。

327a.jpg


328a.jpg


329a.jpg

【速報版】ドバイゴールデンシャヒーン ローレルゲレイロは4着

5Rのドバイゴールデンシャヒーン7番のKINSALE KING (USA)が優勝。
日本のローレルゲレイロは4着。

SO_S2110.JPG
SO_S2120.JPG
SO_S2141.JPG
SOS_0482.JPG
IMG_0053.JPG

レース名
着順
馬名 欧字馬名
馬齢
性別
タイム・着差
調教師
騎手
斤量
 血統:父-母 by 母の父
ドバイゴールデンシャヒーン
Dubai Golden Shaheen
G1
1
キンセイルキング
Kinsale King(USA)
5
1:10.89
USA: C. オカラハン
G. ゴメス
57.0
Yankee Victor(USA) - Flaming Mirage(USA) by Woodman(USA)
2
ロケットマン
Rocket Man(AUS)
4
セン
0.5馬身
SIN: P. ショー
R. フラッド
57.0
Viscount(AUS) - Macrosa(NZ) by McGinty(NZ)
3
ワンワールド
One World(AUS)
5
2馬身
HK: J. ムーア
D. ビードマン
57.0
Danehill Dancer(IRE) - River Serenade(AUS) by Hurricane Sky(AUS)
4
ローレルゲレイロ
Laurel Guerreiro(JPN)
6
1.5馬身
栗東: 昆 貢
藤田伸二
57.0
キングヘイロー - ビッグテンビー by テンビー(GB)

※全着順はERAのWebサイト(英語)にてご覧いただけます。


ロケットマン

 ドバイゴールデンシャヒーンに出走するシンガポールのロケットマン。今年のドバイミーティングで注目の1頭です。通算成績は9戦8勝。唯一の敗戦は前々走のクリスフライヤーインターナショナルスプリントKrisflyer International Sprintで、香港のセイクリッドキングダムSacred Kingdomと壮絶な一騎打ちの末、クビ差の2着に敗退したものでした。骨折のため間隔が空きましたが、前走は1200mAWで2着に41/2馬身差をつける圧勝で健在をアピールしました。今回がシンガポール以外で初のレースとなり、どこまで実力が発揮できるかが注目です。鞍上は現在シンガポールで騎乗しているロバート・フラッドRobert Fradd騎手。

326a.jpg

ギャレット・ゴメス騎手

 ドバイゴールデンシャヒーンでキンセールキングKinsale Kingに騎乗するアメリカのギャレット・ゴメスGarrett Gomez騎手です。昨年のWSJSに出場し、エキストラ騎乗のヤマニンシャスールで大穴を開けたのは記憶に新しいところです。

325a.jpg

藤田伸二騎手

 パドックでローレルゲレイロに騎乗した藤田伸二騎手

270a.jpg

藤田伸二騎手と昆貢調教師

 ドバイゴールデンシャヒーンのパドックで騎乗前の藤田伸二騎手と昆貢調教師

269a.jpg

ムシール

 UAEダービーを優勝した南アフリカ所属のムシールMusirです。南半球のオーストラリア産のため、59.5kgでの出走でした。ムシールは南アフリカでデビューし、3戦目に2歳G1のゴールデンホースシューZulu Kingdom Explorer Golden Horseshoeを優勝しました。メイダンではこれまで2戦2勝で、前走のUAE2000ギニーは中団の外から直線半ばで一気に突き抜けて31/4馬身差を付ける強い勝ち方をしていました。鞍上はクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手です。

321a.jpg


322a.jpg


323a.jpg

ライハナ

 UAEダービー2着に入った南アフリカ所属のライハナRaihanaです。南半球のオーストラリア産牝馬のため、負担重量は57.5kgでした。昨年の5月に南アフリカでデビューし、前3走はメイダンのAWのレースでした。前々走はUAE1000ギニーでサイヤーダSiyaadahの大外一気に屈して4着、前走のUAEオークスを11/4馬身差で勝利してのUAEダービー出走となりました。鞍上は前走のクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手はムシールMusir騎乗のため、南アフリカのケビン・シーアKevin Shea騎手に乗り替わっての出走でした。


319a.jpg


320a.jpg


その他のレース

最新の記事

2010レース概要

過去のワールドカップデイ

バックナンバー