文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2010 フランス凱旋門賞現地取材レポート

2010 フランス凱旋門賞現地取材レポート

2010 フランス凱旋門賞現地取材レポート

最新記事一覧

また来年

 このスタンドで行われる凱旋門賞もあと2年です。

525a.jpg

モエシャン

 大イベントを終えて、報道関係者にもシャンパンが振る舞われます。

524a.jpg

武豊騎手

 騎乗を終えた武豊騎手、角居勝彦調教師、小林智調教師です。

523a.jpg

小林智調教師

 フランスで開業している日本人の小林智Satoshi Kobayashi調教師(左)と角居勝彦Katsuhiko Sumii調教師です。

522a.jpg

リリーオブザバレー

 オペラ賞のレース後のリリーオブザバレーLily Of The Valleyです。初のG1出走でしたが、実力馬を捻じ伏せただけに評価される勝ち方でした。まだ3歳馬ですので、今後の活躍が期待されます。鞍上はイオリッツ・メンディザバルIoritz Mendizabal騎手です。

520a.jpg

521a.jpg

ダリオール

 オペラ賞のレース後のダリオールDarioleです。鞍上は武豊Yutaka Take騎手です。

519a.jpg

スタセリタ

 オペラ賞のレース後のスタセリタStacelitaです。早めに動いて強い競馬を見せましたが、連勝中の上がり馬に足元をすくわれてしまいました。鞍上はクリストフ・スミヨンChristophe Soumillon騎手です。

518a.jpg

オペラ賞

 8Rに牝馬による2000m戦のオペラ賞Prix De L'Opera (Group 1) が行われました。スタート後ゆっくりとアンタラAntaraがハナに立ち、その外2番手にスタセリタStacelita、3番手の内にリリーオブザバレーLily Of The Valley、外にボードミーティングBoard Meeting、その後ろにラッシュラシーズLush Lashesと続き、ダリオールDarioleは最後方からという隊列になりました。直線を向いてスタセリタが先頭に立ち、後続を引き離しにかかりましたが、それに付いてきたのが3番手にいたリリーオブザバレーで、残り100mでスタセリタの脚色が鈍ると、一気に交わし去って優勝しました。リリーオブザバレーの勝ちタイムは2:09.80で鞍上はイオリッツ・メンディザバルIoritz Mendizabal騎手。3/4馬身差の2着にスタセリタ、6馬身離れて3着に後方3番手から追い込んだフルアエンシャンティーFleur Enchantee、ダリオールは直線で内から差を詰めましたがゴール前で下がって9着、アンタラは直線で踏ん張れず最下位の11着に終わりました。

514a.jpg

515a.jpg

516a.jpg

517a.jpg

【速報版】8R・NYSE EURONEXT PRIX DE L'OPERA

NYSE EURONEXT PRIX DE L'OPERA
勝ったのは8番LILY OF THE VALLEY
騎手はI.Mendizabal

SO_S2584.JPG

SO_S2670.JPG

ダリオール

 オペラ賞の返し馬のダリオールDarioleです。前走のヴェルメイユ賞Prix Vermeille (Group 1) 6着に続いて武豊Yutaka Take騎手が手綱を取ります。

512a.jpg

513a.jpg


最新の記事

2010 レース概要

バックナンバー

その他のレース