文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2010 フランス凱旋門賞現地取材レポート

2010 フランス凱旋門賞現地取材レポート

2010 フランス凱旋門賞現地取材レポート

最新記事一覧

エードリアン・ニコルズ騎手

 フォレ賞Prix De La Foret (Group 1) のリーガルパレードRegal Paradeに騎乗するエードリアン・ニコルズAdrian Nicholls騎手です。リーガルパレードを管理するデヴィット・ニコルズDavid Nicholls調教師は父親でヨークシャーを拠点にしており、母親のアレックス・グリーブスAlex Greavesとも一緒に騎乗していた時期がありました。

475a.jpg

ポール・ハナガン騎手

 ジャンリュックラガルデール賞Prix Jean-Luc Lagardere (Group 1) を優勝したポール・ハナガン騎手です。リチャード・フェイヒーRichard Fahey師と組んで10年以上、今ではヨークシャーのトップジョッキーです。今回が初のG1制覇となりました。

470a.jpg

471a.jpg

472a.jpg

473a.jpg

 表彰式です。右から2人目がリチャード・フェイヒーRichard Fahey調教師。

474a.jpg

ウットンバセット

 ジャンリュックラガルデール賞Prix Jean-Luc Lagardere (Group 1) のレース後のウットンバセットWootton Bassettです。イギリスのリチャード・フェイヒーRichard Fahey厩舎所属、ポール・ハナガンPaul Hanagan騎手は2戦目から同馬とコンビを組んでいます。5戦全勝でG1勝ち馬となり、今後の期待が高まりそうです。

468a.jpg

469a.jpg

ムーンライトクラウド

 ジャンリュックラガルデール賞Prix Jean-Luc Lagardere (Group 1) のレース後のムーンライトクラウドMoonlight Cloudです。これまで通算2戦2勝、重賞出走はありませんでしたが、前走は同コースで6馬身差を付けて勝利しており今回は1番人気でした。しかし、レースでは直線を向いても鋭い脚を見せることはなく、同着の2頭から1馬身遅れて4着でゴールしました。鞍上はダヴィ・ボニラDavy Bonilla 騎手です。

467a.jpg

ティンホース

 ジャンリュックラガルデール賞Prix Jean-Luc Lagardere (Group 1) のレース後のティンホースTin Horseです。通算成績はこれまで4戦2勝、前走のモルニ賞Prix Morny (Group 1) ではドリームアヘッドDream Aheadから11/2馬身差の2着に入っていました。今回は後方の内でレースを進め、直線の半ばでもまだ後方でしたが、ゴール前で馬群の中を鋭く伸びて2着同着となりました。鞍上はティエリ・ジャルネThierry Jarnet騎手です。

466a.jpg

ジャンリュックラガルデール賞

 4Rは2歳馬の1400mG1、ジャンリュックラガルデール賞(グランクリテリウム)Prix Jean-Luc Lagardere (Grand Criterium) (Group 1)が行われました。スタート直後に4戦4勝のウットンバセットWootton Bassettがハナに立ち、ウトレイUtleyが2番手、3番手の外にウィプレスWhipless、内にキングトーラスKing Torusと続き、2戦2勝で1番人気のムーンライトクラウドMoonlight Cloudはその後ろという隊列になりました。直線を向いて逃げていたウットンバセットがやや離し、6番手にいたマイグリMaiguriが外から2番手に上がったものの、ゴールまでウットンバセットを脅かすには至らず逃げ切りました。鞍上はポール・ハナガンPaul Hanagan騎手。勝ちタイムは1:23.00、21/2馬身差の2着にマイグリ、後方の内にいたティンホースTin Horseがゴール前で一気に伸びて2着同着でした。優勝したウットンバセットはこれで5戦5勝。これまでの4戦はイギリスでの勝利で、重賞の出走もなく実力が未知数でしたが、見事に無敗でG1優勝を成し遂げました。

464a.jpg

465a.jpg

【速報版】4R・PRIX JEAN-LUC LAGARDERE

PRIX JEAN-LUC LAGARDERE
勝ったのは2番WOOTTON BASSETT
騎手はP.Hanagan

IMG_9722.JPG

IMG_9784.JPG

ジョン・ムルタ騎手

 マルセルブーサック賞Prix Marcel Boussac (Group 1) の表彰式のジョン・ムルタJohn Murtagh騎手です。

463a.jpg

ミスティーフォーミー

 マルセルブーサック賞Prix Marcel Boussacのレース後のミスティーフォーミーMisty For Meです。これでG1連勝となり、今後の活躍に期待がかかります。

459a.jpg

460a.jpg

461a.jpg

462a.jpg

マルセルブーサック賞

 3Rは2歳牝馬による1600m戦、マルセルブーサック賞Prix Marcel Boussacが行われました。スタート直後にマンビアMambiaがハナに立つと後続に2馬身差を付けて逃げ、2番手にミスティーフォーミーMisty For Me、3番手の内にレインボウスプリングスRanbow Springs、外にニッツァNitza、エレボリンHelleborineはその後ろとなりました。直線を向いたところでエレボリンが一気に先頭に並びかけ、2番手から抜け出したミスティーフォーミーと残り200mからの一騎打ちとなり、ゴール前で再びミスティーフォーミーが突き放して優勝しました。勝ちタイムは1:42.50、1馬身差の2着にエレボリン、3馬身離れて3着にレインボウスプリングスでした。

453a.jpg

454a.jpg

455a.jpg

456a.jpg

457a.jpg


最新の記事

2010 レース概要

バックナンバー

その他のレース