文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2010 キャセイパシフィック香港国際競走 現地取材レポート

2010 キャセイパシフィック香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

インタビュー

 香港カップのレース後のインタビューです。

263a.jpg 264a.jpg 265a.jpg

表彰式

 香港カップの表彰式です。

262a.jpg

エドワード・ダンロップ調教師

 香港カップの表彰式のエドワード・ダンロップEdward Dunlop調教師です。管理するヴィジャボードOuija Boardが05香港ヴァーズを優勝、06クイーンエリザベス2世Cで3着となり、香港では日本以上にインパクトを与えられた調教師と言えるでしょう。スノーフェアリーもウィジャボードのようにこれから世界中で活躍してもらいたいものです。

261a.jpg

ライアン・ムーア騎手

 香港カップの表彰式のライアン・ムーアRyan Moore騎手です。エリザベス女王杯の衝撃的なレースや、ワールドスーパージョッキーズシリーズの総合優勝など、今秋の活躍で日本のファンにもその名はあっという間に浸透しました。スノーフェアリーがこの末脚を繰り出せるのは、この騎手だからというのは疑う余地もありません。快進撃はまだまだ続くことでしょう。

260a.jpg

スノーフェアリー

 香港カップを優勝したスノーフェアリーSnow Fairyです。4コーナーで後方でも期待に胸が高鳴り、残り300mで外に出した時に勝ったと感じました。その後の末脚は圧巻の一言。2着のイリアンとはクビ差でしたが抵抗する隙すら与えぬ完勝でした。

172a.jpg 173a.jpg 174a.jpg 178a.jpg 179a.jpg 175a.jpg 176a.jpg 177a.jpg 180a.jpg

イリアン

 香港カップで2着に入ったイリアンIrianです。中団の位置取りから直線での差し脚は鋭く、3着に11/4馬身も付ける完璧なレース内容でしたが、今回ばかりは相手が悪かったと言わざるを得ません。前哨戦でドイツ時代の状態に戻ってきたのであれば、今後の活躍にも期待がかかります。

171a.jpg

ヴィジョンデタ

 レース後のヴィジョンデタVision d'Etatです。昨年の優勝馬らしく良い脚を使いましたが4着に敗退しました。道中は後方3番手でスノーフェアリーの前を進み、4コーナーで並走となり、直線を向いて内外に進路が分かれ、間にコレクションが入った分、スノーフェアリーに後れをとりました。

169a.jpg 170a.jpg

親近感

 スノーフェアリーの強い勝ち方には多くの日本の競馬ファンにも喜びを与えたことでしょう。素晴らしい馬による素晴らしいレースを見れば誰もが感動し、それに国境がないことはスノーフェアリーが教えてくれました。もっともっと世界中の名馬と出会い、いくらでも感動したいものです。

145a.jpg

香港カップ

 8Rは2000m戦の香港カップHong Kong Cup (Group 1) が行われました。パッキングウィナーPacking Winnerが好スタートを切ってハナに立ち、外枠からシリュスデゼーグルCirrus Des Aiglesが並びかけて行き2番手に。3番手の内にスーパーピスタチオSuper Pistachio、その後ろにスタセリタStacelita、スーパーサティンSuper Satinと続き、ヴィジョンデタVision D'Etatは後方、スノーフェアリーSnow Fairyはその2馬身後ろの後方2番手を進みました。先行グループは1馬身間隔で入れ替わりなく進み、スノーフェアリーも後方のまま直線へ。パッキングウィナーが残り100mまで逃げ粘るところを、内を突いたスーパーサティンSuper Satin、外からイリアンIrianが鋭い伸び。それを上回ったのがスノーフェアリーでした。直線を向いて馬群の中を進むと残り300mで外に持ち出した時にはまだ後方4番手でしたが、鋭い末脚でイリアンに馬体を併せて抜きさり優勝しました。鞍上はライアン・ムーアRyan Moore騎手で勝ちタイムは2:02.96。クビ差でイリアンが2着に入り、11/4馬身差の3着は逃げ粘ったパッキングウィナー。ヴィジョンデタも後方からスノーフェアリーと同様に伸びましたが、大外を回ったぶん位置取りが悪くなり、逃げたパッキングウィナーを短頭差捕えられず4着。馬群の中をしぶとく伸びたプラントゥールPlanteurが5着でした。

127a.jpg 128a.jpg 129a.jpg 130a.jpg 131a.jpg 132a.jpg 133a.jpg

【速報版】8R・CUP

メインレースの香港カップ。

日本でもおなじみのスノーフェアリーが異次元の末脚で優勝!

鞍上は今年、大ブレークのムーア騎手。

エリザベス女王杯で日本のファンを驚かせた脚が今回は香港のファンにも強烈に印象づけた。

10121204.JPG

10121205.JPG

10121206.JPG

10121201.JPG

10121202.JPG

10121203.JPG

10121207.JPG

10121208.JPG

 


最新の記事

2010 レース概要

バックナンバー

その他のレース