文字サイズ

文字サイズとは?



2010 キャセイパシフィック香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

香港カップ

 8Rは2000m戦の香港カップHong Kong Cup (Group 1) が行われました。パッキングウィナーPacking Winnerが好スタートを切ってハナに立ち、外枠からシリュスデゼーグルCirrus Des Aiglesが並びかけて行き2番手に。3番手の内にスーパーピスタチオSuper Pistachio、その後ろにスタセリタStacelita、スーパーサティンSuper Satinと続き、ヴィジョンデタVision D'Etatは後方、スノーフェアリーSnow Fairyはその2馬身後ろの後方2番手を進みました。先行グループは1馬身間隔で入れ替わりなく進み、スノーフェアリーも後方のまま直線へ。パッキングウィナーが残り100mまで逃げ粘るところを、内を突いたスーパーサティンSuper Satin、外からイリアンIrianが鋭い伸び。それを上回ったのがスノーフェアリーでした。直線を向いて馬群の中を進むと残り300mで外に持ち出した時にはまだ後方4番手でしたが、鋭い末脚でイリアンに馬体を併せて抜きさり優勝しました。鞍上はライアン・ムーアRyan Moore騎手で勝ちタイムは2:02.96。クビ差でイリアンが2着に入り、11/4馬身差の3着は逃げ粘ったパッキングウィナー。ヴィジョンデタも後方からスノーフェアリーと同様に伸びましたが、大外を回ったぶん位置取りが悪くなり、逃げたパッキングウィナーを短頭差捕えられず4着。馬群の中をしぶとく伸びたプラントゥールPlanteurが5着でした。

127a.jpg 128a.jpg 129a.jpg 130a.jpg 131a.jpg 132a.jpg 133a.jpg

最新の記事

2010 レース概要

バックナンバー

その他のレース