文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2010 キャセイパシフィック香港国際競走 現地取材レポート

2010 キャセイパシフィック香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

スーパーピスタチオ

 香港カップの本馬場入場のスーパーピスタチオSuper Pistachioです。香港調教の4歳騸馬で通算成績は20戦3勝。昨年の3歳時まではアイルランドのエイダン・オブライエンAidan O'Brien師が管理しており、ドンカスターの2歳重賞シャンペンSChampagne Stakes (Group 2) を優勝し、フランスダービーのジョッキークラブ賞Prix du Jockey Club (Group 1) でルアーヴルLe Havreの3着に入るなど活躍しました。11戦3勝の戦績で香港に移籍しますが、移籍後はこれまで9戦して未勝利。3月の香港ダービーHong Kong Derby (HK Group 1) ではスーパーサテンSuper Satinにアタマ差敗れて2着、前走のジョッキークラブカップJockey Club Cup (Group 2) は7着でした。鞍上はフェリックス・コーツィーFelix Coetzee騎手です。

155a.jpg

イリアン

 香港カップの本馬場入場のイリアンIrianです。香港調教の4歳騸馬で通算成績は13戦5勝。昨年の3歳時はドイツで走っており、3連勝でドイツ2000ギニーにあたるメールミュルヘンスレネンMehl-Mulhens-Rennen (Group 2) を優勝しました。その後フランスに遠征し、ジャンプラ賞Prix Jean Prat (Group 1) はロードシャナキルLord Shanakillからアタマ、1/2馬身差の3着。ジャックルマロワ賞Prix Jacques Le Marois (Group 1) はゴルディコヴァGoldikovaの4着でした。ドイツ時代は5戦3勝の戦績で香港に移籍し、転入3戦目の香港ダービーHong Kong Derby (HK Group 1) はスーパーサテンSuper Satinの7着。5戦目のハッピーバレー開催でようやく転厩後初勝利を挙げました。前走、香港カップ前哨戦のジョッキークラブカップJockey Club Cup (Group 2) で後方から直線で突き抜ける強い内容で移籍後2勝目を挙げました。鞍上は前走からのコンビのブレッド・プレブルBrett Prebble騎手です。

154a.jpg

表彰式

 香港マイルの表彰式です。

259a.jpg

アンソニー・クルーズ調教師

 香港マイルの表彰式のアンソニー・クルーズAnthony Cruz調教師です。1956年12月生まれ。近年ではスプリンターズSを優勝したサイレントウィットネスSilent Witness、安田記念を優勝したブリッシュラックBullish Luckなど多くの有力馬を管理していることで有名ですが、騎手時代はトリプティクTriptychとのコンビでジャパンカップに参戦し、87年の富士Sを勝利しています。

258a.jpg

ジェラルド・モッセ騎手

 香港マイルの表彰式のジェラルド・モッセGerald Mosse騎手です。ヴァーズのアメリケインAmericainでは、先行抜け出しを許す形となりましたが、逆に今度は早めに抜け出して勝利に導きました。暮れの香港国際レースは、リヴァーヴァードンRiver Verdon(91カップ)、ジムアンドトニックJim And Tonic(98ボウル)、ジムアンドトニック(99カップ)、オーススリルズトゥーAll Thrills Too(02スプリント)、セークリッドキングダムSacred Kingdom(07スプリント)、ダリヤカナDaryakana(09ヴァーズ)とこれまで6勝を挙げており、今回はマイルのタイトルも手中にしました。

257a.jpg

ビューティーフラッシュ

 香港マイルのレース後のビューティーフラッシュBeauty Flashです。大外枠からのスタートですぐに2番手に付けると淡々とレースを進め、直線を向くところで先頭に並びかけると残り300mで1馬身抜け出し、ゴールまでそのリードを保って優勝しました。鞍上はジェラルド・モッセGerald Mosse騎手です。

249a.jpg 250a.jpg 251a.jpg 252a.jpg 253a.jpg 254a.jpg 255a.jpg 256a.jpg

サプレザ

 香港マイルのレース後のサプレザSahpresaです。中団よりやや後ろの位置取りとなり、4コーナーでは好位に押し上げて直線では抜け出すかに見えましたが、ゴール前で脚色が鈍り、ロイヤルベンチRoyal Benchには1/2馬身交わされたものの、内のラジサマンRajsamanと外のエーシンフォワードA Shin Forwardをクビ差抑えて3着に入りました。鞍上はクリストフ・ルメールChristophe Lemaire騎手です。

248a.jpg

ロイヤルベンチ

 香港マイルのレース後のロイヤルベンチRoyal Benchです。スタート後ゆっくりと後方に下げると3コーナー手前で最後方となり、外を周って後方のまま直線を向くと直線半ばから伸びを見せて一団の馬群は抜き去りますが、先に1頭抜け出していたビューティーフラッシュBeauty Flashには3/4馬身届かず2着でした。鞍上はオリビエ・ペリエOlivier Peslier騎手です。

247a.jpg

香港マイル

 7Rは1600m戦の香港マイルHong Kong Mile (Group 1) が行われました。発走直前に1番人気のエイブルワンAble Oneが除外となり、場内は騒然となりました。スタート後にサイトウイナーSight Winnerがハナに立ち、ビューティーフラッシュBeauty Flashが2番手、ラジサマンRajsaman、チャタウェイChater Way、やや開いてエイシンフォワードA Shin Forwardと続き、サムズアップThumbs Upは中団、パコボーイPaco Boyは最後方からとなりました。4コーナー手前でエイシンフォワードは中団まで下がり、グッドババGood Ba Baが外から押し上げて直線へ。逃げるサイトウイナーを2番手のビューティーフラッシュが交わして先頭に。外からサプレザSahpresaが伸びますがゴール前で一杯となり、外からロイヤルベンチRoyal Bench、内からラジサマン、間にエイシンフォワードが差し込んだところがゴールでした。優勝は先に抜け出していたビューティーフラッシュで鞍上はジェラルド・モッセGerald Mosse騎手。勝ちタイムは1:34.79でした。グッドババの後ろから直線で伸びたロイヤルベンチが3/4馬身差の2着を確保。サプレザは1/2馬身差の3着。それからクビ差でエーシンフォワードとラジサマンが4着同着、サムズアップは6着。パコボーイは直線で大外に出したものの伸びはなく、一団でゴールしましたが最下位の13着でした。

134a.jpg 135a.jpg 136a.jpg 137a.jpg 138a.jpg

【速報版】7R・MILE

エーシンフォワードが参戦した香港マイル!

発走直前に1番人気のABLE ONEが回避する、波乱の展開。

勝ったのはBEAUTY FLASH(騎手G Mosse)

エーシンフォワードは直線で差を詰めるも4着同着という結果に。

IMG_0923.JPG

SO_S0671.JPG

SO_S0726.JPG

SO_S0796.JPG

SO_S0832.JPG

SO_S0848.JPG

SO_S0872.JPG

SO_S0883.JPG

SO_S0904.JPG

SO_S0928.JPG

SO_S0974.JPG

IMG_1145.JPG

最新の記事

2010 レース概要

バックナンバー

その他のレース