文字サイズ

文字サイズとは?



HOME > お楽しみ > 日本馬の世界挑戦!現地レポート > 2010 キャセイパシフィック香港国際競走 現地取材レポート

2010 キャセイパシフィック香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

最新記事一覧

ロケットマン

 香港スプリントのレース後のロケットマンRocket Manです。09年クリスフライヤーインターナショナルスプリントKrisFlyer International Sprint (Group 1) はセイクリッドキングダムSacred Kingdomにクビ差の2着、今年のドバイゴールデンシャヒーンDubai Golden Shaheen (Group 1) はキンセールキングKinsale Kingに1/2馬身差の2着、クリスフライヤーインターナショナルスプリントはグリーンバーディーGreen Birdieにクビ差の2着、そして今回もジェイジェイザジェットプレーンJ J The Jet Planeに短頭差の2着に敗れ、国際舞台での惜敗が続いてしまいましたが、今後もスプリント界の主役であることに変わりありません。ロケットマンが名勝負の末に戴冠する場面にはぜひ立ち会いたいものです。

218a.jpg 219a.jpg

セイクリッドキングダム

 香港スプリントのレース後のセイクリッドキングダムSacred Kingdomです。香港調教の7歳騸馬でこれまでの通算成績は25戦16勝、07年と09年の香港スプリント優勝馬です。昨年はシンガポールのクリスフライヤーインターナショナルスプリントKrisFlyer International Sprint (Group 1) を優勝し、ロイヤルアスコットのゴールデンジュビリーSGolden Jubilee Stakes (Group 1) に転戦しアートコノサーArt Connoisseurの5着でした。今年は香港のみの出走で4戦3勝。前走のジョッキークラブスプリントJockey Club Sprint (Group 2) で5着に敗れていました。今回のレースではロケットマンRocket Manの内で食い下がっての3着。8年連続で香港勢が守ってきたスプリントのタイトルを今回は外国馬に奪われる結果となりましたが、層の厚い香港スプリント界の中でもセイクリッドキングダムはやはり別格だと思い知らされました。鞍上はブレット・プレブルBrett Prebble騎手です。

152a.jpg 153a.jpg

香港スプリント

 7Rは1200m戦の香港スプリントHong Kong Sprint (Group 1) が行われました。ワンワールドOne Worldがスタートでダッシュ付かず5馬身遅れた最後方となりました。一方、ロケットマンRocket Manは好ダッシュを決めますがすぐに控えて3番手。ディムサムDim Sumがハナに立ち、ウルトラファンタジーUltra Fantasyが2番手、ジェイジェイザジェットプレーンJ J The Jet Planeが4番手、その後ろをセイクリッドキングダムSacred KingdomとレットミーファイトLet Me Fightが並んで追走。ジョイアンドファンJoy And Fun、グリーンバーディーGreen Birdie、ラッキーナインLucky Nine、ワンワールドが最後方グループとなりました。直線を向いてディムサムが逃げ粘るところをロケットマンが追撃態勢に。同時にロケットマンの内に入ったのがセイクリッドキングダム、外に付けたのがジェイジェイザジェットプレーンで、この3頭の熾烈な競り合いが200m以上続きました。ロケットマンが半馬身抜けながら進み、残り100mでジェイジェイザジェットプレーンがやや遅れましたが、再びロケットマンに並びかけるとゴール前で競り落とし優勝しました。鞍上はピエール・ストライダムPiere Strydom騎手で勝ちタイムは1:08.84。ロケットマンは短頭差の2着、内のセイクリッドキングダムは残り100mではジェイジェイザジェットプレーンより伸びがあるかに見えましたが、ゴール前で失速して3/4馬身差の3着。レットミーファイトも馬群の中を伸びて3/4馬身差の4着に入りましたが、上位3頭とは大きな隔たりがあるという印象を受けました。

146a.jpg 147a.jpg 148a.jpg 149a.jpg 150a.jpg 151a.jpg

【速報版】5R・SPRINT

グローバルスプリントチャレンジ最終戦の香港スプリントは南アフリカのJ J THE JET PLANE(騎手P Strydom)が優勝!

IMG_0766.JPG

SO_S0514.JPG

SO_S0537.JPG

IMG_0833.JPG

SO_S0569.JPG

IMG_0858.JPG

IMG_0884.JPG

IMG_0903.JPG

ディムサム

 香港スプリントの返し馬のディムサムDim Sumです。香港調教の6歳騸馬で通算成績は45戦7勝。前走のジョッキークラブスプリントJockey Club Sprint (Group 2) では好スタートからハナに立つと後続を3馬身離して逃げ、残り200mまでそのリードを保ちますが50mのところで交わされて4着でした。鞍上はオリビエ・ ドリューズOlivier Doleuze騎手です。

217a.jpg

ラッキーナイン

 香港スプリントの返し馬のラッキーナインLucky Nineです。香港調教の3歳騸馬で通算成績は12戦6勝、アイルランドで昨年3戦し香港に移籍しました。2連勝で挑んだ前々走のナショナルデイカップNational Day Cup (HK Group 3) は1400m戦で、4番手の内から直線半ばで先頭に立つと、2着のエイブルワンAble Oneに33/4馬身差もつける圧勝でした。前走のジョッキークラブスプリントJockey Club Sprint (Group 2) は外枠からのスタートもあって後方に下げて3コーナーでは後方2番手、直線で伸びを見せましたがゴール前でセイクリッドキングダムSacred Kingdomの真後ろに入ってしまい、最後は流して5着のセイクリッドキングダムから11/4馬身差の6着でした。鞍上は前走からのコンビとなるジェラルド・モッセGerald Mosse騎手です。

216a.jpg

ワンワールド

 香港スプリントの返し馬のワンワールドOne Worldです。香港調教の6歳牡馬で通算成績は35戦8勝、昨年の香港スプリントはセイクリッドキングダムSacred Kingdomの2着でした。その後、地元を2戦してドバイゴールデンシャヒーンDubai Golden Shaheen (Group 1) に参戦し、キンセールキングKinsale Kingから1/2、2馬身差の3着でした。香港に戻って5戦し、前走のジョッキークラブスプリントJockey Club Sprint (Group 2) ではゴール前で一気に追い込んでシンガポールのロケットマンRocket Manと同着優勝となり、これが今年の初勝利でした。鞍上は予定されていたダレン・ビードマンDarren Beadman騎手からジェフ・ロイドJeff Lloyd騎手に替わりました。

214a.jpg 215a.jpg

キングスゲートネイティヴ

 香港スプリントの本馬場入場のキングスゲートネイティヴKingsgate Nativeです。鞍上はライアン・ムーアRyan Moore騎手です。

212a.jpg 213a.jpg

ジョイアンドファン

 香港スプリントの本馬場入場のジョイアンドファンJoy And Funです。香港調教の7歳騸馬で通算成績は41戦10勝、昨年の香港スプリントはセイクリッドキングダムSacred Kingdomから1/2、クビ差の3着でした。その後、地元の短距離重賞を3戦しますが5着が最高着順で、3月にドバイに遠征するとアルクォーズスプリントAl Quoz Sprint (Group 3) を優勝しました。続くシンガポールのクリスフライヤーインターナショナルスプリントKrisFlyer International Sprint (Group 1) はグリーンバーディーGreen Birdieの6着、ロイヤルアスコットのゴールデンジュビリーSGolden Jubilee Stakes (Group 1) はスタースパングルドバナーStarspangledbannerの13着に敗退し、今回は6ヶ月ぶりの出走となります。鞍上はブレット・ドイルBrett Doyle騎手です。

210a.jpg 211a.jpg

グリーンバーディー

 香港スプリントの本馬場入場のグリーンバーディーGreen Birdieです。香港調教の7歳騸馬で通算成績は32戦6勝。昨年の香港スプリントはセイクリッドキングダムSacred Kingdomの4着で、その後の3戦は地元の層の厚さに歯が立ちませんでしたが、5月にシンガポールへ遠征してクリスフライヤーインターナショナルスプリントKrisFlyer International Sprint (Group 1) を優勝しました。続く阪神のセントウルSCentaur Stakes (Grade 2)はダッシャーゴーゴーDasher Go Goにクビ差の2着となりますが、中山のスプリンターズSSprinters Stakes (Grade 1) はウルトラファンタジーUltra Fantasyの7着に敗退しました。シンガポールからのコンビだったマーク・デュプレシスMark du Plessis騎手が2日前にニュージーランドで落馬し怪我のため、鞍上はダグラス・ホワイトDouglas Whyte騎手に変更となりました。

209a.jpg

最新の記事

2010 レース概要

バックナンバー

その他のレース