文字サイズ

文字サイズとは?



2014 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

香港スプリント

 5レースに1200m芝の香港スプリントHong Kong Sprint (Group 1) が行われました。好スタートからエアロヴェロシティAerovelocityがハナに立ち、バッファリングBufferingが外に並びながらの2番手、1馬身離れて3番手の内ラッキーナインLucky Nineが付け、間にペニアフォビアPeniaphobia、外にスパラトSpalato、2馬身後ろにゴードンロードバイロンGordon Lord Byron、ストレイトガールStraight Girl、スターリングシティSterling Cityと続き、ソールパワーSole Powerは中団の外、後方の内にリトルゲルダLittle Gerda、その外にフラッグシップシャインFlagship Shine、後ろにスマートヴォラティリティSmart Volatility、ゴールデンハーヴェストGolden Harvestと続き、スタート後すぐに下げたストードラゴンSnow Dragonは最後方からとなりました。直線を向いて外に出したストレイトガールが一気に差を詰めると、最内で逃げ粘るエアロヴェロシティ、間から伸びるペニアフォビアと3頭での競り合いが残り200mから続いたものの、最内のエアロヴェロシティが押し切って優勝しました。勝ちタイムは1:08.57で鞍上はザカリー・パートンZac Purton騎手。ゴール前までじわじわと差を詰めたものの、クビ差届かずペニアフォビアが2着。ストレイトガールは残り100mから脚色が同じになり1馬身差の3着、馬群の間を伸びたゴードンロードバイロンがクビ差の4着、後方2番手から直線で外に出して鋭く伸びたゴールデンハーヴェストが1-3/4馬身差の5着、バッファリング6着、スノードラゴンは大外を伸びたものの8着、ソールパワーは鋭い伸びがなく9着に終わり、ラッキーナイン11着、リトルゲルダは残り200mから流して離れた14着でゴールしました。

047.JPG

048.JPG

049.JPG

050.JPG

051.JPG

052.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2014 レース概要

バックナンバー

その他のレース