文字サイズ

文字サイズとは?



2014 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

香港カップ

 8レースに2000m芝の香港カップHong Kong Cup (Group 1) が行われました。スタートでヘレンスーパースターHelene Super Starが出遅れて後方から、カリフォルニアメモリーCalifornia Memoryもダッシュ付かず後方からとなり、好スタートからセイムワールドSame Worldがハナに立つと、2番手の外にクライテリオンCriterion、内にプレジャーゲインズPleasure Gains、その後ろにファラージFarraaj、外にブレイジングスピードBlazing Speed、2馬身離れた6番手の内にアルキメデスArchimedes、外にシリュスデゼーグルCirrus des Aiglesが付け、さらに2馬身離れて後方グループにミリタリーアタックMilitary Attack、エンダウイングEndowing、ヘレンスーパースターと続き、後方2番手にデザインズオンロームDesigns on Rome、最後方からカリフォルニアメモリーとなりました。直線を向いて逃げるセイムワールドを2番手のクライテリオンが残り250mで交わして先頭に立ちますが、中団のシリュスデゼーグル、後方のミリタリーアタックが伸びを見せ、さらに3コーナーで最後方に下がっていたデザインズオンロームがコーナーで大外を周って直線を向くと鋭い伸びで、先頭に立つ勢いだったミリタリーアタックの外に残り150mで併せると、激しい競り合いからゴール前で僅かに差し切って優勝しました。勝ちタイムは2:01.96で鞍上はジョアン・モレイラJoao Moreira騎手。短頭差の2着にミリタリーアタック、クライテリオンは内で懸命に踏ん張って1馬身差の3着、シリュスデゼーグルはゴール前で伸びあぐねて1/2馬身差の4着、残り200mでもまだ後方だったヘレンスーパースターがシリュスデゼーグルの後ろから伸びて1/2馬身差の5着、ファラージは直線で鋭い伸びは無く6着、終始内を通ったアルキメデスは直線でもじわじわと伸びて7着、3コーナーで内を通ったカリフォルニアメモリーは直線で何度も外に出すのを阻まれて8着に終わりました。

059.JPG

060.JPG

061.JPG

062.JPG

063.JPG

064.JPG

065.JPG

066.JPG

067.JPG

068.JPG

069.JPG

070.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

2014 レース概要

バックナンバー

その他のレース