文字サイズ

文字サイズとは?



2016 フランス 凱旋門賞 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

ファウンド

 凱旋門賞の返し馬のファウンドFoundです。愛エイダン・オブライエンAidan O'Brien師の管理する4歳牝馬で通算成績は18戦5勝です。一昨年9月にカラCurragh競馬場のモイグレアスタッドSMoyglare Stud Stakes (Group 1) でカーソリーグランスCursory Glanceにクビ、1/2馬身差の3着に入ると、続くマルセルブーサック賞Prix Marcel Boussac (Group 1) では先行馬群の間から直線残り100mで抜け出して、エルヴェヂャErvedyaに2-1/2馬身差で優勝しました。3歳時は愛1000ギニーIrish 1,000 Guineas (Group 1) でプレースコックPleascachに1/2馬身差の2着、ロイヤルアスコットのコロネーションSCoronation Stakes (Group 1) でエルヴェヂャにクビ差の2着、愛G3は勝利しますが続く愛チャンピオンSIrish Champion Stakes (Group 1) でゴールデンホーンGolden Hornに1馬身差の2着とG1で惜敗が続き、凱旋門賞Prix de l'Arc de Triomphe (Group 1) はゴールデンホーンの9着、英チャンピオンSChampion Stakes (Group 1) でもファスシネイティングロックFascinating Rockに1-1/4馬身差の2着となりましたが、米キーンランドKeeneland競馬場のBCターフBreeders' Cup Turf (Grade 1) に転戦すると中団の位置取りから直線で先に抜け出したゴールデンホーンをゴール前で競り落とし、1/2馬身差で優勝しました。今年は5月にカラ競馬場のタタソールズゴールドカップTattersalls Gold Cup (Group 1) でファスシネイティングロックに3-3/4馬身差の2着、コロネーションカップCoronation Cup (Group 1) はポストポンドPostponedに4-1/2馬身差の2着、ロイヤルアスコットのプリンスオブウェールズSPrince of Wales's Stakes (Group 1) では残り300mで抜け出すと内ラチ沿いを伸びましたが大外を強襲したマイドリームボートMy Dream Boatにゴール前でクビ差交わされての2着、ヨークシャーオークスYorkshire Oaks (Group 1) では後方3番手からゴール前で伸びたもののセブンスヘヴンSeventh Heavenに2-3/4馬身突き放されての2着、前走の愛チャンピオンSでも後方から直線で抜け出す勢いでしたがさらに後ろから伸びたアルマンゾールAlmanzorに3/4馬身交わされての2着と、G1で5戦連続2着が続いています。鞍上は3戦ぶりにコンビを組むライアン・ムーアRyan Moore騎手です。

arc-45.jpg

arc-46.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2016 レース概要

バックナンバー

その他のレース