文字サイズ

文字サイズとは?



2017 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

ランカスターボンバー

 7日朝の調教中のランカスターボンバーLancaster Bomberです。愛エイダン・オブライエンAidan O'Brien師の管理する3歳牡馬で通算成績は14戦1勝、香港マイルに出走します。昨年9月にカラCurragh競馬場で行われたナショナルSNational Stakes (Group 1) は勝利したチャーチルChurchillのラビットで出走し5着、英ニューマーケットNewmarketのデューハーストSDewhurst Stakes (Group 1) でもチャーチルのラビットとして逃げ、残り200mで5番手まで下がったもののゴール前で差し返す踏ん張りを見せてチャーチルに1-1/4馬身差の2着に入りました。11月にはBCジュヴェナイルターフBreeders' Cup Juvenile Turf (Grade 1) に参戦し、中団馬群の内を進むと直線で外に出して鋭く伸びましたが、先に抜け出していたオスカーパフォーマンスOscar Performanceに1-1/4馬身届かずの2着に終わりました。今年3月のUAEダービーUAE Derby (Group 2) ではスタートでダッシュ付かず後方の内の位置取りとなったものの、コーナーワークで好位に付けて直線で伸びサンダースノーThunder Snowの4着に入り、その後の英2000ギニー2000 Guineas Stakes (Group 1) はチャーチルの4着、愛2000ギニーIrish 2000 Guineas (Group 1) もチャーチルの5着とラビットとしての役目を全うしました。ロイヤルアスコットのセントジェームスパレスSSt James's Palace Stakes (Group 1) では2番手から直線で先頭に立つ競馬で、断然人気のチャーチルは伸びず4着に沈みましたが、バーニーロイBarney Royに交わされただけで1馬身差の2着に入りました。8月にはサセックスSSussex Stakes (Group 1) で古馬と対戦し、道悪の影響もありヒアカムズウェンHere Comes Whenの6着に敗退。9月には加ウッドバインWoodbine競馬場のウッドバインマイルSWoodbine Mile Stakes (Grade 1) に参戦し中団の位置取りから直線で馬群の間を伸びてワールドアプルーバルWorld Approvalに2-1/2馬身差の2着、10月のクイーンエリザベス2世Sはチャーチルのラビットとして出走しパスウェイシヴPersuasiveの14着、前走はBCマイルBreeders' Cup Mile (Grade 1) に出走し、先行グループの内を進むと直線でやや伸びてワールドアプルーバルに1-1/4馬身差の2着となりました。レースではライアン・ムーアRyan Moore騎手が騎乗します。

17HKDec-47.jpg

17HKDec-48.jpg

17HKDec-49.jpg

17HKDec-50.jpg


最近投稿された記事

追加・更新記事

2017 レース概要

バックナンバー

その他のレース