文字サイズ

文字サイズとは?



2018 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

香港カップ

 8レースに2000m芝の香港カップHong Kong Cup (Group 1) が行われました。最内枠からグロリアスフォーエバーGlorious Foreverが好スタートを切るとハナに立ち、同じく好スタートのタイムワープTime Warpが2番手の外に付け、3馬身離れてノーザンスーパースターNorthern Superstar、さらに4馬身離れてサングレーザーSungrazerが付け、2馬身後ろにディアドラDeirdre、シーズンズブルームSeasons Bloom、ステファノスStaphanos、ゴールドマウントGold Mount、最後方からストーミーアンタークティックStormy Antarcticとなりました。逃げるグロリアスフォーエバーが向正面で3馬身のリードを取りつつペースを落とし、3コーナーから馬群が縮まって直線へ。グロリアスフォーエバーがスパートすると2番手のタイムワープは並びかけることはできず、3番手以下も伸びあぐね、残り300mで外に持ち出して追い出したディアドラが残り100mから鋭い脚を繰り出して前に迫りますが届かず、グロリアスフォーエバーが逃げ切り優勝しました。勝ちタイムは2:01.71で鞍上はシルヴェスター・デソウサSilvestre de Sousa騎手、1馬身差の2着にディアドラ、クビ差の3着にタイムワープ、4番手から直線で外目に出したサングレーザーは鋭い伸びはなく1-1/4馬身差の4着、クビ差の5着にノーザンスーパースター、後方から直線で内目を突いたステファノスはゴール前で交わされて最下位の9着でした。

18HKDec-082.JPG

18HKDec-083.JPG

18HKDec-084.JPG

18HKDec-085.JPG

18HKDec-078.JPG

18HKDec-079.JPG

18HKDec-080.JPG

18HKDec-081.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

バックナンバー

その他のレース