文字サイズ

文字サイズとは?



2018 ロンジン 香港国際競走 現地取材レポート

日本馬の世界挑戦!現地レポート

ビートザクロック

 香港スプリントの本馬場入場のビートザクロックBeat The Clockです。香ジョン・サイズJohn Size師の管理する5歳騸馬で通算成績は16戦6勝です。16年11月にシャティンSha Tin競馬場でデビューし勝利しました。今年1月のセンテナリースプリントカップCentenary Sprint Cup (Group 1) でG1初出走ながら直線で内から伸びてディービーピンD B Pinにクビ差の2着となると、2月の1400m戦クイーンズシルヴァージュビリーカップQueen's Silver Jubilee Cup (Group 1) では先行グループの内に付けると直線でビューティージェネレーションBeauty Generationを内から追い詰めてアタマ差の2着に入りました。4月のスプリントカップSprint Cup (Group 2) で道中最後方からミスタースタニングMr Stunningをクビ差下して初重賞勝利とし、続くチェアマンズスプリントプライズChairman's Sprint Prize (Group 1) では後方から直線で大外を伸びるとアイヴィクトリーIvictoryに1/2馬身、クビ差の3着でした。今シーズンは前走のジョッキークラブスプリントJockey Club Sprint (Group 2) が初戦で、4番手を進むと直線で差を詰めてホットキングプローンHot King Prawnに1/2、1-1/4馬身差の3着に入っています。鞍上は同馬に初騎乗となるライアン・ムーアRyan Moore騎手です。

18HKDec-104.JPG


最近投稿された記事

追加・更新記事

バックナンバー

その他のレース