JBIS-サーチ

国内最大級の競馬情報データベース

プロフィール
阿部典子ライター&フォトグラファー

馬に魅せられ、南関東競馬を中心に取材活動をする日々。
南関東競馬のフリーペーパーpocopoco、一口馬主クラブの会報コラムや、インターネットで厩舎情報などを執筆。
厩舎取材や記事作成などを行う中で馬の姿を見ない日はなく、何を見ても競馬や馬のことを考えてしまう馬好き。
趣味は読書と空観察。

最新記事一覧

  • 第41回 生産・育成牧場、地方競馬ではただ今人材募集中! 2018.05.01
     第41回 生産・育成牧場、地方競馬ではただ今人材募集中!の画像

     思いがけず同行取材の機会を頂いた3月のBOKUJOB見学会。牧場勤務に関心がある中高生とその保護者の皆さんと共に、BRF鉾田トレーニングセンター、KSトレーニングセンター、松風馬事センターと、茨城県にある育成場3カ所を巡る日帰りツアーは、牧場で働く方々の情熱を感じる有意義な時間となりました。 当日の様子は、BOKUJOB見学会のレポートや、競馬女子部でも書かせていただいていますが、度々身に染みて感じたのは「どこも人手不足」だという...

  • 第40回 NARグランプリ2017の授賞式が行われました 2018.03.26
     第40回 NARグランプリ2017の授賞式が行われましたの画像

     2月27日、都内のホテルでNARグランプリ2017の授賞式が行われました。受賞者の皆さんは、ベテラン有り、フレッシュな顔も有りで、地方競馬のこれからがますます楽しみになる顔ぶればかり。授賞式につきましては、すでに競馬女子部のブログで紹介した内容もありますので、今回はそれ以外の方々について記していきたいと思います。 まずは、最優秀勝率騎手賞を受賞した山口勲騎手(佐賀)。31.2%の高い数字をマークして、5年連続5度目の受賞です...

  • 第39回 いよいよ!船橋ケイバ ハートビートナイター通年化! 2018.02.26
     第39回 いよいよ!船橋ケイバ ハートビートナイター通年化!の画像

     たくさんの感動のシーンを見せてくれた平昌オリンピック。選手たちの活躍と共に、どうしても目を向けてしまったのが、取材陣の皆さんでした。厳しい気候の中、相当大変な作業だったのではと思います。 そんな気持ちになるのは、「船橋ケイバ通年ナイター開催」がいよいよ目前に迫っているからかも知れません。2015年6月にスタートした船橋ケイバ ハートビートナイターは、平成30年度(2018年4月~)から通年開催へと移行。今までは真冬の1月...

  • 第38回 ヤングジョッキーズシリーズ初代チャンピオン 臼井健太郎騎手 2018.01.26
     第38回 ヤングジョッキーズシリーズ初代チャンピオン 臼井健太郎騎手の画像

     今回は、昨年新設されたヤングジョッキーズシリーズの初代チャンピオンとなった臼井健太郎騎手(船橋 函館一昭厩舎所属)についてお伝えしていきたいと思います。 まずはヤングジョッキーズシリーズの概略について。このシリーズは、若手騎手への注目度を高めると同時に、騎乗数の増加と騎乗技術の向上を目指し、地方・中央所属の若手騎手が合同で参加するという、まさに競馬界の新風とも言えるシリーズです。 昨年4月から各地でトライアルラ...

  • 第37回 競馬の「熱」を感じる風景。全日本2歳優駿のレース後。 2017.12.25
     第37回 競馬の「熱」を感じる風景。全日本2歳優駿のレース後。の画像

     12月13日、川崎競馬場で2歳ダート王の決定戦、全日本2歳優駿(JpnI)が行われました。これまでの優勝馬には、海外でも活躍したアグネスワールド(1997年)、芝・ダート両方のGIを制したアグネスデジタル(1999年)、南関4冠馬となったトーシンブリザード(2000年)、地方競馬を熱く牽引したフリオーソ(2006年)など、豪華なメンバーが名を連ねています。 全日本2歳優駿は、今年からケンタッキーダービー出走馬選定ポイントレースにもなり、...

  • 第36回 競馬祭典JBC 現場での撮影 2017.11.27
     第36回 競馬祭典JBC 現場での撮影の画像

     11月3日、大井競馬場で競馬の祭典JBCが行われました。 「祭典」というだけあって、3つのJpnIが連続して行われる豪華な1日。それゆえ、取材・撮影も普段とはちょっぴり違ってきます。今回はそのあたりのお話を中心にすすめていきましょう。 まずは、第7回JBCレディスクラシック(JpnI)。このレースは地元・大井所属のララベル(荒山勝徳厩舎)が優勝!2007年に同じ大井でJBCスプリント(JpnI)を制したフジノウェーブに続き、地方競馬所属馬...

  • 第35回 2歳シーズン到来に、若駒たちの気持ちを思う。 2017.10.24
     第35回 2歳シーズン到来に、若駒たちの気持ちを思う。の画像

     2歳重賞の話題もホットになってきた南関東競馬。10月25日は船橋競馬場で平和賞(SIII)が、11月1日には大井競馬場でハイセイコー記念(SII)、11月8日には2歳牝馬によるローレル賞(SI)、そして12月13日には2歳ダート王決定戦・全日本2歳優駿(JpnI)がそれぞれ川崎競馬場で行われます。 そんな2歳馬たちにとって、馬場入場時の「誘導馬」の存在はとても大切だそう。自然界では集団で生きている馬たち。競走馬になっても、やはり頼りにな...

  • 第34回 夏の取材現場 2017.09.26
     第34回 夏の取材現場の画像

     今回はこの夏の「南関フリーウェイ」の舞台裏についてお伝えしていきましょう。 ハートビートナイター開催中の船橋ケイバ。少し早めに到着して厩舎地区で取材することもあります。出走馬をチェックして、レースを控えている馬を避けて、洗い場にいる厩務員さんから話を聞いたり、業務エリアで従事員さんからプチ情報を聞いたり。雨が降っていると厩舎地区での取材はほぼ不可能なので、天候も考慮して、できることはなるべく前倒しで行うようにし...

  • 第33回 佐藤裕太調教師 悲願の重賞初制覇! 2017.08.29
     第33回 佐藤裕太調教師 悲願の重賞初制覇!の画像

     それはまさに「ついにこの日が!」と南関東競馬ファン、そして多くの関係者が熱い気持ちになった1日でした。7月25日に行われた習志野きらっとスプリント(SIII)で、佐藤裕太調教師(船橋)が管理馬スアデラ(馬主:吉田照哉様 社台地方オーナーズ様)で勝利し、悲願の重賞初制覇を達成しました。 2014年10月に開業した佐藤裕太調教師は、騎手時代にはアジュディミツオー、フリオーソ、マズルブラスト、ルースリンド、クラーベセクレタ、カイカ...

  • 第32回 世界の舞台へ!中野省吾騎手2017ワールドオールスタージョッキーズ出場 2017.07.25
     第32回 世界の舞台へ!中野省吾騎手2017ワールドオールスタージョッキーズ出場の画像

     今回は、8月26日、27日にJRA札幌競馬場で行われる2017ワールドオールスタージョッキーズに地方競馬代表として出場する中野省吾騎手(船橋 渡邊薫厩舎所属)についてお伝えしましょう。「中野省吾騎手」というより、「中野省吾」というどんどん進化する不思議な存在、と言った方がいいかも知れません。 中野騎手は富山県舟橋村出身、デビュー9年目の25歳。2015年から勝ち星を伸ばし、その年の埼玉新聞栄冠賞(SIII)をカキツバタロイヤル(船橋...

トップへ